フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

書籍・雑誌

2020年7月 6日 (月)

ツバメの郵便配達員『新訳ドリトル先生の郵便局』

 ドリトル先生シリーズ第3巻、『新訳ドリトル先生の郵便局』を読了。

 毎月刊行される訳じゃないから、続きが待ち遠しいです。

 今回のお話は、ドリトル先生が海の上の郵便局を開くことになるお話。

 奴隷船に夫を連れていかれたアフリカの女性を助けるという事件から始まり、ドリトル先生と仲間たちの活躍で無事に救出。

 そこから、届かなければいけない手紙が届かなかったから、夫は連れていかれたという事実を知り、ドリトル先生はツバメたちや鳥たちの協力で、郵便局を開くことになります。

 人間の手紙を届けるだけでなく、世界中の動物たちの質問に答えてあげるためにも郵便局は必要。

 羽陽曲折を経て、郵便局はなんとか成功!

 郵便局を作るだけでなく、奴隷商人をやっつけたりと、今回も大活躍のドリトル先生。

 ところで、今回はトミー少年は出てきません。

 訳者あとがきによると、時代設定は2巻「航海記」より前。

 「郵便局」は、トミーくんと出会う前のお話と言うことに。

 トミーくん出て無くて、寂しいなぁと思いながらページを閉じました。

 

↓確実? 鳥が運ぶ手紙

新訳 ドリトル先生の郵便局 (角川文庫)

 

↓既刊本

新訳 ドリトル先生アフリカへ行く 新訳ドリトル先生 (角川文庫)

新訳 ドリトル先生航海記 新訳ドリトル先生 (角川文庫)

2020年7月 3日 (金)

あやしい女&美少年『奇想の国の麗人たち 絵でみる日本のあやしい話』

 らんぷの本の『魔性の女挿絵集』は、西洋の作品が多かったのですが、『奇想の国の麗人たち 絵でみる日本のあやしい話』は、日本のあやかし美女を取り上げています。

 ついでに美少年も。

 表紙は『源氏物語』の葵の巻の一場面、御正伸(みしょう しん)が描いた六条の御息所と葵の上の絵が、美しい中にも怖さが潜んでいて、ほんのページをめくったら、怪しい世界にとり込まれそう。

 日本の古典で取り上げられた妖怪変化美女に、BL美少年の絵巻から現代画家の作品も掲載されています。

 異類の怪として、狐、蛇、魚、雀、蜘蛛、鬼と続き、地獄と極楽、物語や神話、稚児、男色について解説と共に古今の麗しい絵を見ることができて、これはもう眼福です。

 うっとりしながら読みました。

 あまり夢中になって、夜の闇の世界に引きこまれませんように…… 

 

↓描かれた妖艶の美

奇想の国の麗人たち: 絵で見る日本のあやしい話 (らんぷの本)

 

↓姉妹本もオススメ

魔性の女挿絵集: 大正~昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち (らんぷの本)

2020年7月 2日 (木)

帝都に猫又暗躍『帝都妖怪ロマンチカ』猫又にマタタビ&狐火の火遊び

 創作二次小説で妖怪もの書いているせいか、時代劇で妖怪が出てくる小説が読みたい私。

 集英社文庫で昭和初期の東京を舞台にした『帝都妖怪ロマンチカ』なる小説を見つけ、既刊2冊を購入、一気読みしました。

 

 1巻の猫又にマタタビは、見世物小屋で人間の娘に化けて暮らす猫又の弐矢(にや)は、昔愛していた女にそっくりの青年、嘉寿哉(かずや)を見かけます。

 弐矢は、彼に近づくべく、男の姿になって、まんまと同居することに成功。

 妖怪だから、性別は自由に変えられるのね。

 でも、嘉寿哉は心理学の研究者で、オカルトを科学的に解明しようとしていますから、妖怪の類は一切信じていません。

 妖怪を信じていない人間に、猫又の思いは通じるのか?

 思わず心配。

 

 2巻は、嘉寿哉の恩師の娘が通う女学校で起きた怪事件の話。

 ピアノ教師と女学生の秘密の恋が事件の謎を解くカギ。

 この時代だから、同性同士の恋は、理解されない。

 後味の悪い結末でした。

 

 1・2巻共に、現実の影に妖怪が暗躍していましたが、主役の弐矢よりも、妖狐の一族のほうが強烈な印象。

 どちらの事件にも妖狐が絡んでいますが、妖狐の姫をやんごとなきお方に嫁がせようとする野望を抱いています。

 その昔、玉藻の前が鳥羽天皇に寵愛されて国が傾いたという伝説がありますが、昭和の妖狐たちも玉藻の前を意識している?

 

 シリーズはまだまだ続きそうですが、嘉寿哉は弐矢の正体を知る時がくるのでしょうか。

 弐矢の寿命も短そうだし、猫又だだと知らないまま、別れそうな予感。

 さて、どうなるか。

 

↓昭和猫又草紙

帝都妖怪ロマンチカ ~猫又にマタタビ~ (集英社文庫) & 帝都妖怪ロマンチカ ~ 狐火の火遊び ~ (集英社文庫)

 

 

2020年6月24日 (水)

なんてカワイイ……『白猫マニアックス』

 最近心が荒んでいる。

 ストレス溜まっている。

 このままではイカン!

 なんか、可愛い物とか綺麗な物を見て、心を清めなければ。

 そう思って本屋さんに行き、『白猫マニアックス』の表紙が目に入ったので、即購入。

 ページをめくると、なんてラブリーな、なんてきれいな白猫の写真がいっぱい。

 頭から尻尾の先まで真っ白な毛。

 澄んだ青い瞳。

 ああ……

 かわいい……

 美しい……

 飼いたくなるから、なるべくこの手のカワイイ犬猫本は手に取らないようにしていたのですが、荒んだ心には、雪のように真っ白な白猫の写真は癒されます。

 個人的に好きな、オッドアイの猫の写真も載っていて、幸せ……

 さあ、これで少しは頑張れる、かな?

 

↓あなたの猫のお名前は?

白猫マニアックス (白夜ムック618)

 

2020年6月23日 (火)

アンティーク着物と挿絵のコラボで読む『谷崎潤一郎文学の着物を見る』

 らんぷの本の『魔性の女挿絵集』の谷崎潤一郎作品の挿絵が、あまりに美しいので、谷崎作品が読みたくなった今日この頃。

 だけど、文庫では谷崎作品全てが収録されている訳ではない。

 中央公論新社の全集には、全て収録されているようですが、いきなりハードカバー全26巻を揃えるのも躊躇してしまいます。

 それに、挿絵が再録されているわけではないし……

 で、同じらんぷの本『谷崎潤一郎文学の着物を見る』には、主な作品の挿絵の一部と、当時の資料に基づいて再現されたヒロインの着物の写真が載っているので、まずはこちらでガマン。

 どの着物も、きれい……

 「細雪」の四姉妹の着物、それぞれの色と柄が、姉妹の性格や人柄の違いを表しているよう。

 「肉塊」の着物にロングネックレスは、ちぐはぐなようでいて妙にあっている。

 「痴人の愛」のナオミの変化によって、着ている着物も変わっていくのが、面白い。

 明治末期から昭和40年代の着物の柄って、古典的なようでいて、斬新。

 帯には、

百年たってもいかがわしい!!

 なんて書いてありますが、確かにそうですね(笑)。

 お子様には、積極的に読ませられない作品もありますし。

 うっとりと美しい挿絵と着物に見惚れて、とりあえず、文庫で手に入る作品から読んで、全集でしか読めない作品は、後にしようと思うのでありました。

 

↓着物の下には、清らかさと淫らさと――

谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月22日 (月)

絵巻を漫画に!? 『まんが訳 酒呑童子絵巻』

 絵巻は漫画のルーツとも言われますが、コマ割とか、セリフが吹き出しはありません。

 絵を巻き物にして、詞書で内容を示す。※詞書がない絵巻もある。

 それが絵巻の在り方。

 だけど、『まんが訳 酒呑童子絵巻』は、大胆にも、コマを割って、セリフもつけて漫画化しちゃっています。

 まんが訳とタイトルにあるから、単純に絵巻物語を漫画化したのかなーと思っていたら、大違いでした。

 絵巻の絵をアップにしたり、縮小したりと、現代の漫画の技法とデジタル技術を使ってホントに漫画にしてます。

 これにはびっくりでした。

 『新蔵人』と『ちごいま』の絵巻に吹き出し入りで現代語訳した『室町時代の少女革命』『室町時代の女装少年×姫』も、新しい訳し方だなぁと感動しましたが、『まんが訳 酒呑童子絵巻』は、絵巻で漫画にしちゃうなんて、驚きました。

 今回漫画化されたのは、「酒天童子絵巻」(※底本が酒呑童子ではなく酒天童子と表記)、「道成寺縁起」、「土蜘蛛草子」の三本。

 絵巻の絵のまんまで漫画化は、意外と迫力あります。

 こんな調子で「百鬼夜行絵巻」か「鳥獣戯画」か「病草紙」を漫画化してくれないかしら。

 

↓絵巻か漫画か、漫画か絵巻か

まんが訳 酒呑童子絵巻 (ちくま新書)

2020年6月21日 (日)

復刊『平安貴族』

 橋本義彦の『平安貴族』(平凡社選書)は、貴族政治制度についてまとめられた本で、収録されている女院についての論は、卒業論文を書く際に、大いに参考にしました。(参考にした割に、思うような論文は書けなかった……)

 古典現代語訳をする際も、太政大臣や里内裏、貴族社会に関するイメージを明確にするたびに、読み返しています。

 今回、平凡社ライブラリーに復刊され、お手軽に読めるサイズになったことで、画一的なイメージにとらわれない貴族社会の実像を再確認させられました。

 1986年に刊行された本が、2020年に復刊されても、その内容は少しも古びていません。

 古い説も振り返ってこそ、新しい説、新しい考え方が開けるのでは。

 

↓祝名著復刊

平安貴族 (901) (平凡社ライブラリー)

 

2020年6月20日 (土)

たくらんでいる……『紅霞後宮物語』第十一幕

 ほらね!

 やっぱり!

 ひとは見かけによるのね!

 

 『紅霞後宮物語』第十一幕読み終わった後、そう心の中で叫んでしまいました。

 前巻で悪女ズラした仙娥の懐妊が判明したけど、その方法は文林の意志をまるっきり無視したひどいやり口。

 文林、ショックで立ち直れない。

 小玉も、懐妊の理由を知って絶句。

 夫婦仲は、溝が深ーくなっていきます。

 そんな時、仙娥が小玉に罠を仕掛けます。

 たくらんでいるのね。

 妊婦なのに、お腹の子供の命を危険に晒してまで。

 そして、 小玉に仙娥呪殺容疑がかかり、廃后、冷宮行き決定!?

 ちょっと待って!

 廃后って、小玉は歴史に残る伝説の皇后って設定でしょ?

 主役なのに、どうなるのよ!

 今回の十一幕は、他の登場人物(とくに蘭英)の過去や事情が痛々しくて、辛いです。

 早く小玉が冤罪をはらして皇后に復帰してほしいです。

 そして、文林と仲直り……は、無理かも。

 

↓愛と裏切りの巻 

紅霞後宮物語 第十一幕 (富士見L文庫)

 

 

 

2020年6月19日 (金)

優柔不断が仇となり……シェイクスピア全集32『ジョン王』

 ちくま文庫のシェイクスピア全集、歴史劇の最初の『ジョン王』読んでみました。

 はっきり言って、タイトルロールなのに、ジョン王はいいとこなし。

 帯に、

決断はすべて裏目に

「イングランド史上最悪」の王登場!

 と書いてありますから、どれだけひどかったのかしらと思いつつ読んだら、本当にそうでした。

 兄王が死んで王になったはいいけど、他の兄の未亡人と息子が王位継承権を主張してフランスと手を組み、戦争になりかけたので自分の姪とフランス王太子と婚姻させて戦争回避しようとしたのはいいけど、ローマ法王と対立して国内は混乱する。

 ジョン王の判断が場当たり的で、優柔不断で、やることなすこと裏目に出るから、こんな王様じゃ、臣下も大変だろうにと、同情してしまいます。

 忠誠を誓う私生児フィリップのほうが、主役みたいに活躍してますね。

 死んだ兄王リチャード一世の私生児であるフィリップが主役でもよかった?

 他の登場人物も、主役そっちのけで口喧嘩、罵り合いがすごいです。

 ますます影が薄くなるジョン王。

 最期は毒を盛られて呆気なく死亡。

 王子が即位してめでたしめでたし?

 うーん、この劇、観ていて面白いんだろうか……

 人気ないから、上演が少ないんだろうなぁ……

 本当なら、今年の6月に彩の国さいたま芸術劇場で上演が予定されていた『ジョン王』ですが、新型コロナのために上演が中止になったのは残念です。

 こんなに面白くなさそうな劇を、どう上演するのか気になります。

 今年は無理でも、来年、来年が無理なら再来年にオリジナルキャスト、オリジナルスタッフで上演できることを祈りつつ……

 

↓王になっちゃいけない男が王になったら最悪です。

シェイクスピア全集32 ジョン王 (ちくま文庫)

 

2020年6月16日 (火)

ヒトと虫は共存できるか ノベライズ『虫籠のカガステル』

 これは、予言の書か?

 

 ネット記事で、2月からNETFLIXで配信されているアニメ『虫籠のカガステル』が、すごい面白いとオススメされていたので、まずはアニメの公式HPのぞいてみた。

 

 21世紀末に、突如ヒトが虫になる奇病カガステルが世界中で流行。

 虫になったら、体だけでなく心も人間性を失い、かつての家族、恋人、友人、知人、関係なく喰い殺す化け物となる。

 文明は滅び、ヒトはカガステル発症と虫に襲われることに怯えながら、辛うじて生き延びていた。

 虫の駆除屋の少年、キドウは、ある日虫に襲われた父子を助けるが、父親は死亡、娘のイリだけが助かり、イリの母親が見つかるまで、面倒を見ることになる。

 実は、イリには秘密があり、キドウは否応なしに争いに巻き込まれていく……

 

 治療薬のない病気の感染に怯える人々。

 これって、今現在コロナの感染に戦々恐々としている私たちのこと?

 コロナの感染者を問答無用でバッシングする現実とカガステルの世界が同じに見える。

 原作は橋本花鳥による個人サイトで発表していた漫画とのこと。

 それが同人誌、フランスで商業化ののち、日本でも徳間商店で単行本が発売、今年アニメ化という流れ。

 あらすじだけでも、原作漫画もアニメもおもしろそうだけど、単行本全7巻、アニメ全12話を読むのも観るのも時間かかる。

 だけど、原作漫画のノベライズなら、上下2巻とちょうどいい分量。

 ということで、ノベライズを読んでみた。

 滅びかけた世界で生きる少年と少女の物語。

 期待していた以上に面白かった!

 原作漫画、読まなくちゃ!

 アニメ、見なくちゃ!

 虫が苦手な人には、ちょっと嫌かもしれないけど、感染症というテーマがタイムリーな作品です。

 この作品、もっと宣伝したっていいと思う。

 原作漫画、行きつけの本屋さんでは置いてないです。

 アニメ、なんで地上波で放送しないんだろう。

 とりあえず、騙されたと思ってノベライズから読んでみてください。

 ハマりそうです。

 

↓ディストピアで生きるヒトと虫

虫籠のカガステル 上 (文芸書) & 虫籠のカガステル 下

 

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31