フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

マイ・テーマソング

映画・テレビ

2018年1月23日 (火)

中国時代劇ドラマ『開封府』1~6話までの感想

 チャンネル銀河で1月15日から放送されている『開封府 ~北宋を包む青い天~」、北宋の時代にいた裁判官のお話ということで、特に期待もせずに、とりあえず観ていました。
 が。
 次から次へと事件に巻き込まれる主人公の包拯(ほう・じょう)と、皇子益児に目が離せません。
 
 主人公は、生まれた時色黒だからという理由で親に捨てられ、虎さえもその色黒さに驚いて逃げ出すという、嘘みたいな話。(でも実在の人物)
 お兄さん夫婦に育てられるけど、お兄さんが無実の罪で処刑されるわ、自分が役人になって、正義を守るために科挙を受けようと、猛勉強の末、都に旅立つけど、途中受験票や衣を獲られて、しかも役人の娘を手籠めにしたと濡れ衣きせられちゃうわ、皇帝の隠し子を自称する男の仲間と疑われて拷問受けるわで、見ていて気の毒になってしまいました。
 でも。
 包拯は証拠や証言を理性的に、冷静に推理して、濡れ衣をはらし、事件を解決します。
 皇帝にも実力を認められて、これで裁判官への第一歩だ!
 皇子益児は、生まれる前に5人の兄皇子たちが幼くして死んでしまい、父の皇帝は益児も暗殺されるのではないかと恐れ、持衛に生まれたばかりの益児を託し、後宮の外へ出します。
 益児は持衛と乳母を両親、乳母の娘を双子の姉と思って育ちます。
 それはそれでいいんだけど、乳母はなんの事情も知らされず、夫がいるのに無理やり田舎に連れて来れ、他人の子を育てろと言われても……
 乳母は持衛に脅されて、訳もわからず皇子とは知らずに益児を育てます。
 皇子と打ち明けられなくても、赤ちゃんが殺される危険があるから、母親のふりしてと、お願いして、ある程度事情は話しとけよ!
 と、突っ込みたくなりました。
 だから、皇帝の迎えが来た時、益児も乳母も乳母の娘も、皆驚いていたのは、当然だったですね。
 それで後宮に帰っても、益児が皇帝を父親だと慕える訳もなく、皇帝は持衛の忠義を疑って自害させちゃうし、乳母も皇子を狙う黒幕のせいで、毒入り菓子を自ら食べて死亡。
 生母も我が子が他の子とすり替えられていたとは知らず、身代わりの皇子も、たぶん毒殺されたんだろうなぁという描写がありました。
 生母はそのせいで精神が不安定になっているようで、親の運に恵まれない益児が不憫です。
 そして、味方だと思っていた皇帝の弟、八賢王が、実は黒幕で、5人の皇子の内、3人を殺し、乳母を脅迫して益児に毒を盛ろうとし、兵権を掌握して皇帝に譲位を迫ります。
 危機一髪のところでそれは回避されますが、皇帝は信じていた弟に裏切られていたショックで倒れ、崩御。
 益児は幼くして即位しますが、波乱万丈な予感がします。
 このドラマ、主役は包拯だけど、益児が主役でも良かったんじゃないかと思うほど、設定がドラマチック。
 裁判官と皇帝。
 この二人がどんな物語を紡ぐのか、楽しみです。
 予想外の面白さでした。
 
 
 
 

2018年1月14日 (日)

『雲が描いた月明かり』一気見

 テレビ東京で放送されていたドラマ『雲が描いた月明かり』、録画しておいたのをやっと見終わったところです。
 全20話と韓国ドラマにしては短い方でしたが、展開が早いけど、肝心なとこは焦らされて、ヤキモキしながら楽しく観ました。
 主役の世子と男装少女ラオン。
 私好みの設定で、世子が内官になったラオンのこと、男だと思いこんでいて、それでも好きになっちゃうところが可愛くて、可笑しくて、
 なんで女の子とわからないんだ! 
 と何回ツッコミいれたことか。
 両想いなのに、すれ違ってばかりだったけど、様々な事件や困難を乗り越えて、ハッピーエンドになって、よかったよかった……
 でも、若様が死んじゃったのは、可哀想だったし、世子が無事即位しても、ラオンは王妃になっていないし、いつか別れの時がくるのかもと思うと、素直に喜べない。
 それに、世子の妹の王女、彼女の恋はどうなった?
 地上波の放送では、カットされちゃって、両班の彼と結婚したのかどうかもわからないし。
 原作はウェブ小説とのことなので、サイトにアクセスしたら、韓国語だから読めない……
 原作小説の翻訳、どこかで出してもらえないかしら。
 それまで ノーカット版のブルーレイ、借りて観ようかしら。
 

2017年11月25日 (土)

これで見納め『精霊の守り人』最終章

 今日の9時から『精霊の守り人』最終章がいよいよ放送。
 バルサとチャグムの戦いも、クライマックス。
 公式本によると、今回はますますシリアスなお話になるそうで、原作が児童文学とは思えないです。
 アクションやセット、VFXも前作よりスケールアップした本作、楽しみです。
 
 聖導師役が平幹二郎から加賀丈史にバトンタッチされるけど、公式本読んだ限りでは、俳優が変わったことによる違和感は感じられません。
 視聴者が戸惑わないようにと、台本に忠実に演じた加賀さんの役者魂!溢れるコメントが印象的でした。
 
↓見どころは、全部

NHK 大河ファンタジー 精霊の守り人 最終章 完全ドラマガイド (エンターブレインムック)

2017年11月16日 (木)

解毒剤は!?『王女未央』最終回

 主役二人、毒盛られた。
 解毒剤はひとつだけ。
 どうするの!?
 
 『王女未央』とうとう最終回。
 高陽王は帝位簒奪した南安王と対決し、勝ったけど、盛られた毒に体は蝕まれ、未央も長楽に毒盛られて死にそう。
 最終回に主役二人が死にかけているなんて!
 高陽王は、未央に解毒剤を飲ませて自分はあと5年か10年の命になってしまいます。
 高陽王は皇帝に即位して、未央は皇后になったけど、100%めでたしめでたしとは言えないですよ。
  二人とも助かって、ハッピーエンド期待していたのに!
 このドラマの制作者、主人公に容赦ないですね。
 歴史上でも、高陽王のモデルの皇帝は若くして死に、未央のモデルの皇后が皇太后として次期皇帝をバックアップしていたらしいけど、散々歴史改ざんしてドラマの話進めてきたくせに、最後はハッピーエンドにしてあげてよ!
 と叫びたくなりました。
 あと、返す返す残念だったのは、侍女のびゃくしちやんが殺されちゃったこと。
 義理堅く、忠義に厚くて性格も良かったのに、皇后になった美央にずっと仕えてたらよかったのに。
 まあ、李家の腹黒娘二人はやってきた行いの報いを受けて死に、大奥様と未央のお母さんは位が上がって、敏徳と皇女、承徳と君桃は結婚したのは、よかったけど。
 なんだかんだ言って、最後まで見た『王女未央』でしたが、今まで見た中国の時代劇の中で、一番面白かったです。
 彼氏役が主人公に一途だっだからかしら。
 他のドラマは主人公のこと「愛している」と言いながら、正妻や側室がうじゃうじゃいて、いったい何人側室いるんだとつっこみたくなったこと数えきれず。
 年末年始に一挙放送も決まったから、今度は録画しておこうと思うのでありました。
 

2017年10月22日 (日)

次から次へと危機が……『王女未央』

 どうしてこんなに危険な目にあうのか。
 中国時代劇ドラマ『王女未央』、主人公の王女心児こと未央、虐められたり拷問されたり毒盛られたり命狙われたりと、毎回毎回危機一髪なので、ハラハラして心臓に悪いです。
 皇子高陽王とやっと両想いになれたのに、太子妃殺害犯人にされて、高陽王にも信じてもらえなくて、どうなるの!?  とヤキモキ。
 しかし、なんといっても従妹の常茹の腹黒さと猫かぶりっぷりがすごかった。
 最初は優しい子だと思っていたから、南安王の思い人が未央だと知ると、陥れようと画策する変わり身の激しさに、あぜんとしちゃいました。
 いばりんぼの長楽の意地の悪さなんて、まだかわいい方。
 いや、人を虐めたり、毒盛ったり、好きな人の母親の暗殺に加担している時点で救いようがないけど。
 李家の女は大奥様と未央の実の母以外、全員腹黒だったね。
 ああ、未央は無事に汚名を晴らし、仇を討つことができるのかしら。
 高陽王と結ばれるのかしら。
(エンディングみると、ちゃんと二人は結ばれるのはわかっているけどね)
 
↓DVDーBOX出てます

王女未央-BIOU- DVD-BOX2

王女未央-BIOU- DVD-BOX3

2017年9月21日 (木)

『王女未央』展開が早くてハラハラしっぱなし

 今月から始まった中国時代劇ドラマ『王女未央』、毎日楽しく観てます。
 『皇貴妃の宮廷』が面白かったから、今度のはどうかなぁと思っていたけど、意外と面白いので、ハマってしまいました。
 1話で生まれた途端、国は滅びて、王様であるお父さんは皇帝に投降、王女はずーっと逢えないまま育ちます。
 で、やっとお父さんに会えたと思ったら、謀反の濡れ衣着せられて、お父さんとおばあさんは殺され、お付きの女の子とも離れ離れ。
 2話では命の恩人が仇の異母妹とわかりますが、彼女も殺されてしまい、王女は仇を討つために、彼女と入れ替わり、仇の家へ乗り込む……
 展開早い!
 仇の奥様とお嬢さん、意地悪すぎ!
 王女がいじめられて可哀想!
 と、夜中にテレビ画面の前で叫んでしまう私。
 でも、意地悪娘が水害の救済策として、王女のアイディア盗んだことが皇帝にバレた時は、すっきり気分爽快。
 悪い事したら、いつかバレるものよ、とつぶやくのでした。
 
 王女は皇帝の孫皇子と恋に落ちるけど、皇帝も王女にしたら国を滅ぼした仇だから、皇子を好きになっちゃいけないと、我慢しているのがいじらしい。
 銀河のHPでは、二人は結ばれて、皇子は皇帝に、王女は皇后になるらしいけど、いつそうなるの?
 毎日気になってます。
 
↓DVDも出るよ

王女未央-BIOU- DVD-BOX1

2017年9月 7日 (木)

ハッピーエンド?『皇貴妃の宮廷』最終回

 ……せっかく皇貴妃まで位が上がったのに、皇帝も主人公も死んじゃうなんて。
 中国時代劇『皇貴妃の宮廷』最終回見ました。
 主人公が腹黒お妃やっつけて、皇帝の愛情も皆の信頼も独り占めって感じだったのに、皇帝が天然痘にかかって死ぬ?
 しかも、主人公が殉死?
 皇帝が若くして死んで、寵愛していた妃が殉死するという展開は、歴史通りなんだろうけど。  
 ドラマなんだから、皇貴妃に出世したところで終わらせてあげなよ!
 と、叫びだしたくなりました。
 まあ、放送前の宣伝では、「皇帝と歌姫の悲恋」とあったので、キャッチコピー通りの最終回だったのね。
 せっかく幸せになったのに……
 私が最初想像していたのは、皇帝が主人公を無理矢理皇貴妃にして、大臣や皇后たちが反発して、いじめられ、無実の罪をかぶせられた末に、主人公が追い出されるか、自害するか、殺されるかと思ってました。
 皇帝も、主人公と別れた傷心で出家するか、死ぬかと思っていたから、二人そろって死んでいくという最期は、ハッピーエンドだったのかしら?
 あ~それにしても、お妃たちの腹黒さは『宮廷の諍い女』よりすごかった。
 可愛い顔して実は腹黒というのは、怖いわ。
 現実にもいるけど。
 
 
↓『皇貴妃の宮廷』はこちらのムックでも紹介されてます

中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版 (キネマ旬報ムック)

 

2017年7月25日 (火)

こんなラスト想像していなかった『シャーロック4』最後の問題

 ジョンが撃たれた!
 と思ったら、麻酔銃だったと種明しの『シャーロック4』最後の問題。
 ドキッとさせて次へつづくのはいつものこと。
 でもシリーズ最後の話で、最強最悪の敵がシャーロックの妹だったというオチは、想像してませんでした。
 だって、原作に出てないから。
 モリアーティに会って、5年も前からシャーロックをいたぶる準備していたなんて、どれだけお兄ちゃん好きなんだ。
 頭良すぎると、人間は性格歪むんだなと思ってしまうのであります。
 最後はシャーロックが妹の真実の思いを理解して、和解?
 事件解決はしたけれど、犠牲者が多すぎる……
 それでもシャーロックとジョンの友情は不変で、これからも二人は事件に挑んでいく。
 そんなラストはちょっと救いがあってよかった。
 さて、コミカライズは現在シリーズ1しか出てないですが、ちゃんと全部出してくれるのでしょうか。
 とくに4は……
 

2017年7月18日 (火)

ジョン騙された……『シャーロック4』臥せる探偵

 今回の話は一言で言うと、ジョンと仲直りするためにシャーロックが体を張って仕組んだ嘘。
 メアリの死で絶好状態になったシャーロックとジョン。
 『シャーロック4』臥せる探偵は、そんな二人がどうやって仲直りするかが見どころなんだけど、最初からかなりいかれた感じです。
 シャーロックはヤク中で、ジョンはメアリの死から立ち直れず、幽霊?まで見ちゃいます。
 二人を仲直りさせるために、ハドソンさんは真っ赤なスポーツカーをぶっ飛ばし、トランクにシャーロック入れて、ジョンの所に届ける行動力の高さに、歴代最強のハドソンさんだと思ったのは、私だけではないはず。
 このドラマでは、ハドソンさんの死んだ夫は麻薬ディーラーで、ロンドンに不動産持っているという設定。
 だからヤク中の扱いに慣れているんだー。
 と、思わず感心。
 で、取りあえず事件を解決するために二人は行動を共にするんですが、シリアル・キラーのスミス、こいつもいかれた野郎でした。
 シャーロックはスミスの犯罪を暴くために、わざとスミスの息がかかった病院に入院して、自分を殺させようとして、メアリの最後のメッセージを見たジョンが駆けつけて無事事件は解決――したのはよかったんだけど、それもこれもメアリのメッセージに従ってシャーロックが最初から仕組んだこと。
 種明かしされた時、なんだがジョンが可哀想になりました。
 そして、ラスト。
 ジョンのセラピストが、実はジョンの浮気相手だった!?
 シャーロックの依頼人のスミスの娘も、このセラピスト!?
 シャーロックの隠された姉妹!?
 ベアリング=グールドの説では、ホームズ兄弟は、シェリンフォード、マイクロフト、シャーロックの三人だということになっています。
↓参考文献はこちら
 原作では、マイクロフト以外の兄弟は登場していないので、ドラマはベアリング=グールドの説をとったのかも。
 で、ジョンは撃たれて?今回はおしまい。
 ジョンはどうなる?
 シャーロックはジョンを救えるのか?
 次回で最終回だけど、ちゃんと話はまとまるのかしら。
 

2017年7月11日 (火)

地獄に堕ちろって……『シャーロック4』六つのサッチャー

 絶句……
 楽しみにしていた『シャーロック』シーズン4、六つのサッチャー見終わって、救いのない話に絶句しました。
 冒頭、シーズン3でマグヌッセンンを射殺したシャーロック――と思いきや、実は射殺したのは特殊部隊の隊員で、シャーロックは無罪放免というオチ。
 前回ラストのあの衝撃はいったいなんだったんだ!
 まあ、我らのシャーロック・ホームズが殺人犯でなかったことにはほっと安堵。
 で、シャーロックは仕事に忙しく、ジョンとメアリには女の子が無事誕生。
 いつもの日常が戻ったと思ったら、モリアーティの影が……
 政治家の息子が車の中で焼死体で発見された事件を見事解決したホームズは、サッチャー像が壊されていたことに、モリアーティの気配を感じた。
 原作の六つのナポレオン像をサッチャー像に変えたとこが現代で、像に隠されていたのは黒真珠――かと思ったら、メアリの過去が隠されているメモリーが出てきた。
 メアリの昔の仲間が、メアリが自分を裏切ったと勘違いして、彼女を殺そうとしたのは防いだけど、シャーロックは最後に致命的なミスを犯して、メアリは死亡。
 ジョンはメアリが死んだのはシャーロックのせいだと恨むのが、悲しいです。
 あんなに固い友情に結ばれていた二人だったのに……
 絶好状態になった二人、次回では和解できるの?
 ところで、メアリがシャーロックに残した画像で、最後の最後で、「地獄に堕ちろ、シャーロック」と言ったのは、どういう意図があるの?
 メアリは「ジョンのこと救って」と、シャーロックにお願いしていたのに。
 次回が気になる。
 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28