フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

アニメ・コミック

2020年7月 4日 (土)

人間VS機械の戦いの果てに待つのはエデンかディストピアか 『とらわれのエデン』3巻完結

 ハッピーエンド版「プライム・ローズ」と言えますね。

 リメイクの『とらわれのエデン』3巻は、原作ともアニメとも違う結末になりました。

 テヅコミの連載に加筆修正なしの単行本なので、結末は知っていましたから、特に新たな感激はなし。

 でも、「これからどうなる?」と気になる点があります。

 時空のゆがみは直したけど、過去から来たガイとブンレツは、このまま未来に残るの?

 タイムスリップしたままで、いいのか!?

 あと、現在のエミヤと未来のエミヤは?

 そこのところ、加筆して説明してほしかったです。

 機会があったら、続編描いてほしいです。

 テヅコミ復刊しないかなぁ。

 

↓ラストバトル!

とらわれのエデン プライム・ローズ 3 (TCコミックス)

 

↓既刊本はこちら 

とらわれのエデン プライム・ローズ 1 (TCコミックス) & とらわれのエデン プライム・ローズ 2 (TCコミックス)

 

↓原作はこちら

プライム・ローズ 手塚治虫文庫全集

 

↓アニメはこちら
タイムスリップ10000年 プライムローズ [DVD]

2020年7月 1日 (水)

死霊にとり憑かれたみおを百鬼丸はすくえるのか?『どろろと百鬼丸伝』どろろとみおの伝参

 みおが白面不動に操られていることを、子供たちもどろろも百鬼丸もまだ気づきていない――

 『どろろと百鬼丸伝』どろろとみおの伝参は、穏やかな日常の中に、波乱の気配。

 寝込んでいたどろろは、みおからこれから月に一度やってくる腹痛について聞いて、驚愕。

 うーん、どろろは自分が女の子だとこの時自覚したことになるのか?

 原作通り、ずっと自分の性別わからないままでいてほしかった。

 

 一方、百鬼丸は妖気を察します。

 妖気の源はみお?

 みおが出かけて後をつけようとする百鬼丸を、琵琶法師が声をかけます。

 あなた、どこに行ってたの?

 百鬼丸でなくてもそう突っ込みたくなりますね。

 いつも突然消えて、突然現れる琵琶法師。

 まあ、もともと陰陽師だし、一度死んでるし。

 

 百鬼丸はみおが死霊でないことを確認し、滝に向かいます。

 一生懸命生きているみおにとり憑いている死霊に激怒する百鬼丸。

 村で物乞いをしていたみおは、白面不動の「顔がほしい」という声を聞いて、誰を生贄にする?

 原作寄りだと、みおは死亡フラグ立ちますが、リブートでは、もしかしてしなないかも?

 続きが見えない『どろろと百鬼丸伝』です。

 

↓掲載誌はこちら

チャンピオンRED 2020年8月号 [雑誌]

 

↓既刊本はこちら 

どろろと百鬼丸伝 コミック 1-3巻セット

 

2020年5月29日 (金)

完結! 『亜夜子』3巻

 蔵か……!

 

 「テヅコミ」は18巻で無事終了したけど、『亜夜子』は終わらなかった。

 最終回は単行本で、という禁じ手やってくれたおかげで、3月からずーっと、「最後はどうなった!?」と気になっていました。

 で、ようやく発売日が来たと思ったら、先日再開した行きつけの本屋さんでは、『亜夜子』置いていなかった!

 そりゃないよぉ、と思いつつ、再開したばかりで忙しい本屋さんに取り寄せお願いするのも気が引けるので、通販で3巻購入、やっと読めました。

 

 天外の独裁者オヤジが死んで、遺産が亜夜子に譲られることが判明してから、本性剥き出しにした一馬や鈴江。

 鈴江は今さら母親ズラして亜夜子を連れ戻したけど、一馬に殺され、亜夜子は再び蔵に監禁、仁は恭司郎に刺され……

 ここまでが、テヅコミ掲載分。

 

 そして、単行本描き下ろしのラスト。

 涼子の顔を思い出した亜夜子は、蔵から出て生き延びることを決意。

 通販で買っておいたシャベルで、蔵の壁を掘ります。(原作と同じ!)

 須利葉刑事は、涼子や江野を殺した犯人、加東を逮捕。

 真知子は井戸畑の為に金城を斬り捨てる目的で、須利葉に協力していたことが判明。

 一馬は遺産を自分に渡せと亜夜子に迫る。

 亜夜子が危ない!

 そこを仁が駆けつけ、救出――かと思ったら、父親が死んだこと知らなかった恭司郎が、逆切れして、鍵かけて蔵を放火。

 仁、亜夜子、一馬&鈴江の死体は、蔵に閉じ込められたまま、死を待つことに。

 仁は亜夜子を守れなくて落ち込みますが、亜夜子は「蔵が好き」と言います。

 最後に皆で閉じ込められた場所が、洞窟から蔵に変更されたのも、このセリフが際立たせるためか。

 そして、一馬は死の恐怖で発狂?

 後日、菜々子のモノローグでは、火事が収まって、蔵の中で発見された面々は、「ほとんどが虫の息か死亡」とあるので、一馬は死んだのかしら?

 そこのとこは描写がないけど、原作単行本通りだったら死亡で、雑誌オリジナル版通りだったら、一馬は発狂ということになるのかな?

 恭司郎も、死んだ?

 やけくそな行動してたから、死んでるね。

 それから、江野殺人事件に関わったとして、金城の悪事がマスコミに暴露され、元秘書の不祥事のお詫びで井戸畑が記者会見して、涙ながらに謝罪と地元愛を訴えますが、裏で真知子が笑っているのがコワイ。

 真知子の笑顔、「先生の後継者は、金城なんかじゃないわ。次は私よ!」と言っているみたい。

 げに恐ろしきは……

 最後に、すべてが終わり、亜夜子は涼子の墓参りをして、仁と家を出て行きます。

 仁、怪我していたし、死ぬかと思っていたけど、亜夜子の保護者として、生き延びましたね。

 単行本1巻冒頭、車を運転していたのは、仁だったと判明したわけです。

 真人じゃなかったんですね。

 原作オリジナル版では、波奈夫が奇子と出て行くけど、真人は事件の証拠の写真を現像したという重要な役を務めたし、このドロドロした家の問題に関わるのは、現代っ子の彼には荷が重いか。

 残された菜々子は、「私さえいれば、この家は潰れやしないもの……」と、呟きます。

 原作では、ゐばが言ってましたね、このセリフ。

 男たちが駄目にした家を、女が立て直す。

 原作と相通じるものがあります。

 そして、亜夜子は仁が名前変えていたから、自分も変えると言います。

 自分は「奇妙な人生歩んでいる」から、「奇子」だと。

 原作奇子は、リメイクで亜夜子になり、ラストで奇子に戻る。

 自由になった亜夜子は、どんな人生をおくるのか。

 それは誰にも知らない。

 

 『亜夜子』は、「カラマーゾフの兄弟」目指した原作より、はるかにハッピーエンドなリメイクでした。

 もっと、ドロドロな展開読みたかったです。

 3巻じゃ、足りませんでしたね。

 10巻ぐらい読みたかった。

 

↓昭和も平成も変わらぬ欲の果て……

亜夜子3 (TCコミックス)

 

↓リメイク既刊分 

亜夜子 1 (TCコミックス) & 亜夜子2 (TCコミックス)

 

亜夜子 コミック 1-3巻セット

 

↓原作『奇子』はこちらがおすすめ

奇子≪オリジナル版≫(全2巻セット)―上・下巻セット & 奇子 手塚治虫文庫全集

2020年5月28日 (木)

空気読んでいるどろろとニブイ百鬼丸『どろろと百鬼丸伝』どろろとみおの伝その弐

 二カ月ぶり!

 待ってました『どろろと百鬼丸伝』。

 今回は、夜中に外出したみおの後を追って、百鬼丸が見たのは、死霊の気配がする滝。

 みおは自分が滝に来た自覚無しです。

 死霊に操られている?

 一方、どろろは百鬼丸のデリカシーのなさに、呆れます。

 みおがどうやって食料を手に入れているのか、気がつかない百鬼丸。

 どろろは教えようとしますが、子供たちが傍にいるので、黙ってます。

 そして、どろろ自身、思い出したくない辛い記憶が……

 乱世を生き抜くために、女ができることといったら……

 原作では、ぼかしていたリアル。

 アニメやリブートは、容赦なく読者にわかるように描いています。

 百鬼丸が真実を知った時、どう感じる?

 どうする?

 

 場面変わって、あの滝でみおが下卑た男と歩いています。

 みおの様子が変です。

 何か企んでいる微笑みを浮かべながら、男を洞窟へと誘うと、そこには顔がのっぺらぼうの死体の数々!

 さらに現れたのは、顔のない巨人!

 白面不動か!?

 男の絶叫は、滝の音にかき消されて……次回につづく。

 

 みおの話と白面不動の話をミックスしたストーリー展開なんて、思いつかなかったです!

 原作通りじゃないリブートに、ますます目が離せない。

 来月まで待つのが辛いです。

↓連載再開!

チャンピオンRED 2020年 07 月号 [雑誌]

 

↓既刊コミックスはこちら 

どろろと百鬼丸伝 コミック 1-3巻セット

 

2020年4月21日 (火)

人形劇なんだけど面白い! 『Thunderbolt Fantasy 東離剣遊記』

 以前地上波で放送していた日中合作人形劇、『Thunderabolt Fantasy 東離剣遊記』がBS日テレで放送開始されました。

 地上波放送の時は、日中合作の人形劇としか予備知識がなかったので、ストーリーも何にも知らずにスルー。

 毎週木曜25時30分からBS日テレで放送するのを機に、録画しておいて1話から3話まで一気見しました。

 おや?

 人形劇だと舐めてかかっていたら、意外と面白い!

 聖剣を巡って、人間と魔界の熾烈な戦い。

 主役も敵も、超美男美女ぞろいのキャラクター。

 CG多用しているから、とても人形とは思えない、滑らかなアクション。

 私が知っている人形劇とは違う!!

 ハマりそうです。

 うちの母は、どうせ中国時代劇なら、実写ドラマが良かったのに言いますが。

 でも、生身の人間であれだけの美形そろえるの、たとえ中国でも大変なんじゃないかしら。

 HPによると、全13話で6月までの放送。

 この短さなら挫折せずに全部見れそうです。

 

↓日本語公式HPはこちら 

www.thunderboltfantasy.com/season1/

 

2020年4月19日 (日)

モーニング20号の『ぱいどん』後編を読んでみた

 公式サイトで公開されていた後編読んだけど、やっぱり紙媒体で読みたいので、モーニング20号買って『ぱいどん』後編読みました。

 あーやっぱり紙のほうが読みやすい。

 アナログ世代の私、いまだに画面でマンガ読むことに慣れません。

 

 冒頭に今回のプロジェクトを担当した慶應義塾大学理工学部栗原研究室のインタビューが載っていました。

 栗原教授は「AIの場合、個人の個性を反映させずに手塚治虫が描きそうな絵を無制限に育成できることが面白い」と語っていました。

 確かに、手塚マンガのトリビュート作は、どれも作者の個性が出ています。(和田ラヂヲの火の鳥なんか、モロにそう)

 人間が描くと、絵のレベルに差があり、手塚治虫のモノマネ程度、あるいはそれ以下にしかならない場合もあります。

 ストーリーにしても、手塚治虫らしい奇想天外な話を作れる人と作れない人がいます。

 だけど、アイディアを練る時、AIが人間の補助をすることはいいと思いますが、何から何まで全てAIに任せたほうがいいとは私は思いません。

 人間とAIの共存で、新しい作品ができることがベストではないか。

 

 とりあえず、『ぱいどん』終了。

 phase1とあるので、続きも当然あるでしょう。

 主人公は謎の人物のままだし。

 これからどんな展開をAIが作り出すか、注目です。

 

↓ぱいどん後編はこちらに掲載  

モーニング 2020年20号 [2020年4月16日発売] [雑誌]

 

↓ぱいどん前編はこちらに掲載

モーニング 2020年13号 [2020年2月27日発売] [雑誌]

2020年4月 9日 (木)

チャンピオンRED6月号の『どろろと百鬼丸伝』はお休み

 土貴智志公式ツイッターを覗いてみたら、新型コロナ流行による安全対策の為、制作体制の変更の結果、『どろろと百鬼丸伝』は、チャンピオンRED6月号休載とのことです。

 コロナの影響は、漫画家にまで影響が……

 続き楽しみにしていたけど、制作に携わるスタッフの健康と安全第一。

 この決断支持します!!!

 連載再開までは、単行本読み直そ。

 

↓既刊単行本はこちら 

どろろと百鬼丸伝 コミック 1-3巻セット

 

 

2020年4月 7日 (火)

手塚治虫は感染症をどう描いた?『陽だまりの樹』

 新型コロナの影響で、舞台『新陽だまりの樹』の東京公演がすべて中止となったのが残念ですが、くしくも『陽だまりの樹』は、コレラを扱ったエピソードがあります。

 読み直してみると、現代の日本人も幕末の日本人と似たような行動をしています。

 フェイクニュースやデマに騙されたり、右往左往している。

 人間て、進歩しているようで、していない?

 そんな気持ちになりました。

 舞台見に行けなかった代わりに、原作読んでこれからどう過ごしたらよいか考えよう。

 

↓原作&舞台

陽だまりの樹 コミック 文庫版 全8巻完結セット (小学館文庫) & 新 陽だまりの樹 (K.Nakashima selection)

2020年4月 2日 (木)

『ぱいどん』後編公開! 読んでみた

 手塚治虫AIの『ぱいどん』後編が公式HPで公開されました。

 モーニングに前編が掲載されてから、「続きは!」とヤキモキしてましたが、ようやくWEBで公開。

 待っていたよ~!

 さっそく読んでみました。

 

 …………

 

 なるほど、こうういう展開か。

 手塚治虫らしいといえば手塚治虫らしい。

 70年代の少年漫画テイストですね。

 AIに学習させたのが、70年代の作品とキャラクターだからそうなったの?

 後編で登場したキャラクターは、どこかハムエッグに似ています。

 とりあえず、AIと人間の合作は成功かしら。

 モーニング20号に後編が掲載決定とのことで、発売されたら紙の本で読みたいです。

 パソコンの画面で読むのは、やっぱり目が疲れます。

 なんせ、近眼乱視老眼なもので。

 

↓WFBぱいどん前後編掲載のキオクシアHPはこちら

https://tezuka2020.kioxia.com/ja-jp/index.html

 

↓紙の本のぱいどん前編はこちらに掲載  

モーニング 2020年13号 [2020年2月27日発売] [雑誌]

 

 

 

 

 

2020年3月23日 (月)

完走おめでとう! 『テヅコミ』VOL18最終号

 

 ああ……
 最後だ……
 手塚治虫リブート雑誌『テヅコミ』も、ついにラストです。

 

 

 すべてを取り戻す!
『サーチアンドデストロイ』は、百と蜂須賀の最期の戦いが決着。
ドロも自分の命と自由をかけて戦い、永遠に怒ることを宣言。
 なんだかんだ言いつつ、この作品、『どろろ』らしさ全開でした。
百が奪われた体の最後の一つが脳だった、というのは意外でした。
じゃあ、今の百の人格は、人工……?
脳を奪ったクリーチャーが、奪われまいと「自殺」しようとしますが、百は脳を取り戻したのか、取り戻せなかったのか。
だけど、
「ほんとに大事なものは誰にも奪えない」
 とドロに言った百の言葉が、全てだと思いました。
 百とドロはそれぞれの道を歩みに別れますが、またいつか会える気がします。
 この二人には、時間はたっぷりありそうだし、ドロの性別が判明したから、ドロが成長した時、百の相棒か伴侶になりそう。

 

 なんで、なんでここで終わっちゃうの!?
 と、『亜夜子』読んで叫びたくなった。
 天外家に連れ戻された亜夜子、だけど鈴江は夫に撲殺……原作通りだ……
 亜夜子はまた蔵に監禁。
 そして、涼子を殺した犯人を前に、仁は殺意を抑えきれないけど、亜夜子がさらわれたことを知って、我に返ります。
 亜夜子を助けなきゃ!
 というところで、恭司郎が仁を刺した!?
 どうなる!?
 これだけ引っ張っといて、「結末はコミックス3巻にて!」は、ないでしょう!!
 他の作品は、ちゃんと終わっているのに!!
 5月の発売まで待てないよ!

 

 『人間ども、あつまれ!』的なラストの『懊悩マモルくん』、最後の最後までハチャメチャギャグでした。
 チャレンジ精神溢れるリブートでしたね……

 

 さらば日本!
 チョコラは日本を出て、ルーマニアに移住することを決意した『チョコっとドラキュラ』、みんなにお別れを……という時、アニタがチョコラの正体を知って、襲いかかってきた!
 でも、ドラキュラ伯爵がアニタを返り討ちにしてくれたから、チョコラは無事(ほっ)。
 そして、チョコラはアニタと仲直り?
 結局日本に残ることになって、先月のあの深刻さはなんだったんだ?
 でも、ハッピーエンドで良かったです。

 

 手塚ワールドと『不思議の国のアリス』が見事に融合した最終回の『治虫の国のアリス』、最後は「手塚先生ありがとう!」と言いたくなりました。

 

 『とらわれのエデン』は、原作ともアニメとも違う決着。
 シグマ99は破壊されず、エミヤの説得と「愛」で退き、ガイはゲートを破壊してワープを止め、人格が蘇ったピラールはゴールダと和解?
 ガイも死なず、果てしなくハッピーエンドでした。
 でも、このエミヤは未来から連れて来たエミヤだよね?
 瀕死の状態のエミヤの目が覚めたら、どうなるの?
 ガイとブンレツは過去に戻れなくなったけど、いいの?
 タイムスリップの矛盾や弊害は、解決していないような……

 

 リメイク『ばるぼラ』は、魔女に魅入られてしまったライターの栄光と転落を描いています。
 ばるぼらに会ったら最後、誰もが地獄に落ちる……

 

 『メルモR』は、バーチャルゲームの世界に舞台を移したリメイク。
 ゲームの世界で暴れまわる少女、メルは、メルモの娘?

 

 まさかの原作繋がり!
 『異世界ブラック・ジャック』は、ブラック・ジャックとピノコ、その他大勢の人たちが童話の世界に連れてこられた理由が判明します。
 原作「台風一過」と関係があったなんて……
 でも、新しい物語は、めでたしめでたしになって良かったね。

 

 あの人はその後どうなった?
 『新約・リボンの騎士』は、反乱罪で追放されたレスターが、サファイアの命令でせっせと農地開墾するお話。
 斧で木を切り、牛に切り株引っこ抜いてもらっているけど、ブルドーザーとか使えば開墾早くできると思う……
 そんな大変な目にあっているレスターの下に、娘のシャーリーがお弁当届けに来てくれました。
 本編では一度も登場しなかったけど、親に似ず可愛くて、剣の腕を磨いてサファイアの役に立ちたい、リボンの騎士になりたいと、健気。
 リボンの騎士=サファイアを目の敵にしていたレスターは、大ショック。
 でも、リボンの騎士になりたいという娘の夢を応援するときめたレスターって、いいパパじゃん。
 次の主人公はシャーリーだ!

 

 お父さんがお母さんを殺した!?
 どうするクロミ!
 コメディかと思ったら、超シリアスだった『ブラック・ジャックガール』でした。
 お父さんを許せず、殺そうとしたクロミですが、キリとピノオの友情で、クロミの心は救われます。
 お父さんは捕まり、お母さんは奇跡的に助かり、キリとピノオで新しい家族を作ろうという結末は、めでたしめでたし?

 

 『和田ラヂヲの火の鳥』は、ピカソ画の火の鳥が出てきたけど……

 

 アトムのリメイク『破壊神と創造主』は、ガロンの島を調査しに来たアトムたちのお話。
 キャラデザインは今風ですが、内容は鉄腕アトムと魔神ガロン。

 

 小説『青いリボンと銀の髪』、シエルは魔女を倒した後、性別を偽った罪で家名を返上、ラファエルの家で執事として仕えることに。
 ん~ラファエルは、男のままでいるけど、シエルとラファエルがくっつくということは……今のところなさそう。
 後日談読みたいです。
 本編も、改めて単行本でまとめて読みたいなぁ。

 

 

 予想の斜め上をいっていた手塚マンガのリメイク雑誌『テヅコミ』、1年半、打ち切りになることなく、無事に刊行お疲れさまでした。
 ツッコミ所満載な作品群の数々でしたが、最後に一言。


 面白かったです!

 

↓過去と、現在と、未来を夢見て

テヅコミ Vol.18 限定版

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31