フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

アニメ・コミック

2019年4月23日 (火)

おまえら皆グルだったのか!?アニメ『どろろ』地獄変の巻

 あー……この人たちに同情一切できないわ。

 アニメ『どろろ』の地獄変の巻、マイマイオンバに襲われた百鬼丸とどろろは、翌日何もなかったような顔して鯖目と会います。

 鯖目の方も、「僕何も知らない」顔してます。

 原作と違って、芋虫の餌として二人を泊めてるから、鯖目は屋敷から追い出そうとはせず、何日でも泊っていきなさいと、心広い応対。

 そこで百鬼丸は鯖目を見張り、どろろは村を回って、寺が焼けたことを聞き出そうとしますが……

 一見平和そうな村。

 だけど、違和感ありまくりで、どろろは不信。

 米蔵を探っていたら、村人に監禁されて、芋虫の餌にされそうになる!

 でかい芋虫がたくさん迫ってくる画像、気持ち悪いし怖いです~。

 だけど、妖怪小僧が助けてくれて、どろろは寺が焼けた理由と、慈照尼と子供たちが死んだ理由を知ります。

 寺に放火し、慈照尼を殺したのは鯖目で、しかも村人もグル!

 鯖目だけでなく、村人もマイマイオンバに守ってもらう代わりに、孤児たちを餌として提供していた……

 こいつら皆人でなしだ!

 戦国時代、よそ者を村で保護する代わりに、問題が起こった時は人身御供にした風習があったけど、今回の鯖目や村人たちの行いは、まさにこれ!

 原作や映画は、鯖目一人がマイマイオンバの色香に迷って、寺を焼き、慈照尼と子供たちを殺したけど、村人も真実を知っていて、グルだったという設定は、リアル戦国時代を感じさせます。

 原作や映画の設定が、生ぬるく思えました。

 領地を守るためにマイマイオンバと取引し、ついには結婚し、子供まで産ませた鯖目は、百鬼丸には景光と同じ色に見えて、怒り心頭。

 さなぎから成虫に羽化したマイマイオンバの子を斬りまくり、傷ついたミニマイマイオンバは、やぐらに激突して村中が火に包まれます。

 最後に百鬼丸がマイマイオンバを斬って、背骨を取り戻してめでたしめでたし――とはなりませんでしたね。

 村が焼けて、呆然自失の村人たちに、どろろはこんなつもりじゃなかったと、罪悪感を抱いていますが、私は自業自得だと思いました。

 村人たちに微塵も同情できなかったし。

 他人を踏みにじったら、報いを受けるんだよ。

 百鬼丸は鬼神を斬って、斬って、斬りまくって、体を取り戻すのが目的だから、村人たちのことは無視してますが、どろろはそうはできない。

 百鬼丸が話を聞いてくれないと、しょんぼり。

 そして、二人ははぐれてしまい、どろろは野盗に戻ったイタチと再会。

 なぜかイタチはお自夜の背中に描かれた財宝の地図の写しを持っていて、どろろに地図の半分見せろと迫ります。

 ついに、次はしらぬいの巻。

 やっとアニメ化されました。

 予告だと、しらぬいの右腕は、サメに喰われたのか、隻腕だし。

 百鬼丸の左の義足が壊れたのは、原作単行本ではイタチの銃で撃たれた衝撃のためだったけど、アニメでは地獄変の巻で壊れたことになっているのは、自然な流れだなぁ。

 ところで、今回の作画、キャラがアップ以外はいつもと変わってました?

 なんか、日本昔話風で、違和感が……

 

 

 

2019年4月22日 (月)

出会いと始まり『どろろと』1巻

 『ヤングブラック・ジャック』は夏に発売予定の16巻で完結しちゃうから、楽しみが減るぅ~。

 と、嘆きましたが、『どろろと百鬼丸伝』は1巻が発売され、連載もまだまだ続くので、私の楽しみは継続されるのであります。

 1巻はどろろと百鬼丸が出会う百鬼丸の伝から万代の伝まで収録。

 RED5月号に掲載されていたどろろと多宝丸の出会い、霧中の蹄音の伝は、2巻なのね。

 巻末に5ページ加筆されて、霧中の蹄音の伝直前の様子が描かれています。

 万代倒して目を取り戻す際の苦痛や、どろろが庄屋に飛びかかったのは、百鬼丸に殺されるところを助けたかったというネタ晴らしされてます。

 そして、万代だけでなく、法師もどろろのこと女の子だって気がついているみたい。

 まあ、どろろの着物着替えさせた万代は当然として、頭うって失神したどろろを介抱した琵琶法師も、気づくよねぇ。

 百鬼丸は霧中の蹄音の伝で目が見えるようになって、どろろの顔を見たけど、女の子と気づいたか?

 気づいてないだろうなぁ。

 どろろ本人は、自分の事男だと思っているみたいなのは、原作通り。

 アニメのほうは、「男装している女の子」として自覚しているし。

 原作の設定、イメージを踏襲しつつ、変更している本作は、手塚作品のリメイクの中では良い改作と思います。

 作品に対する愛が強すぎて、下手すると改悪されたリメイクもあったし。

 どの作品とは言いませんが……

 ともあれ、「どろろ」ファンとしては、こうしてリメイク作が一冊の単行本になって、嬉しいです。

 ただ、ちょっと残念なのは、カラー表紙がカットされてます。

 1話と2話の表紙、気に入っていたのにぃ!

 モノクロでもいいから載せてよぉ!

 その点は、声を大にして抗議します。

 イラスト集、出してくれないかなぁ。

 そして2巻を待ちきれないから、やっぱりRED買おうかしら。

 本棚から本が溢れているんですけど……

 

↓旅は始まったばかり

どろろと百鬼丸伝(1) (チャンピオンREDコミックス)

2019年4月21日 (日)

手術開始! そして彼は……『ヤングブラック・ジャック』15

 免許剥奪の日が、また近づいた……

 恵を手術するために、間は大学の教授陣から睨まれ、あの綿引教授にも自分がブラック・ジャックだと告白し、医師免許を持つ前から手術をしていたことを恵パパに知られちゃった『ヤングブラック・ジャック』15巻です。

 岡本先輩にも協力を要請するけど、無免許で手術をしていたこと責められて、とうとう最後通告されちゃったよ。

 恵の手術には協力してもらえるけど、岡本先輩が間に関わるのはこれで最後――

 そして、恵パパと岡本先輩の協力の下、間は恵の手術をしますが、スピーディでリアルな手術と検査シーンに、医療マンガとしての迫力が満載。

 原作ではブラック・ジャックの回想&恵とピノコの会話でのみ、1話で描かれたので、わりとさらっとしてますが、まるまる1巻分恵の手術だから、ボリュームが違います。

 そして、間と恵は互いの気持ちを伝え、手術は成功!

 だけど、一か月後、指輪を持って病室を訪れた間は、恵の失踪を知ることに。

 恵はどこに行ったの!?

 まさか、いなくなっちゃうと思わなかったから、驚きました。

 このまま恵は男として生きる決意をする?

 子宮を摘出して女ではなくなったという考えは、現代ではありえないですが、昭和40年代では、これが当たり前の考えだったのかなぁ。

 そして、次巻で『ヤングブラック・ジャック』は完結の予告が!

 えー!

 終わっちゃうの!?

 あと1巻で、間が医師免許剥奪されて、立入にアメリカに連れて来られて、ボスの手術して失敗して、逃げて、闇医者として生きる決意をするエピソード、詰め込めますか?

 藪さんや、ロックは、 キリーは、百樹先生はどうなる?

 伏線回収できるのか、心配です。

 あと、連載終わったあとの楽しみが減っちゃうよぉ……

↓神か、悪魔か……

ヤング ブラック・ジャック(15) (ヤングチャンピオン・コミックス)

 

2019年4月16日 (火)

二人の行く先は……アニメ『どろろ』鯖目の巻

 埋蔵金の地図、お自夜とどろろの背中に描いたのかぁ。

 アニメ『どろろ』鯖目の巻、まず火袋とお自夜が埋蔵金について話し合うシーンから始まりました。

 アニメではスルーするかと思った埋蔵金エピソード、ちゃんと入れてくれて嬉しい。

 で、最初火袋はお自夜に伝えようとすると、お自夜は聞くと使っちゃうからと、背中に地図描いてと言います。

 確かに、あの極貧生活じゃ、使いたくなるわ。

 どろろは寝てた間に地図描かれたのね。

 だから、背中に地図が描かれていたこと知らなかった。

 お自夜とどろろの地図は、一見地図に見えず、複雑な模様、花のように見えました。

 目の見えない百鬼丸と琵琶丸は、地図をどろろに教えてあげることはできません。

 どろろはいつ埋蔵金の在り処を知る?

 どろろの話を聞いた琵琶丸は、金があると力になると教えます。

 侍と戦うもよし、どこか遠くの国へいくのもよし、百鬼丸が鬼神を倒した後の将来、どうするのか。

 悩むどろろ、そっけない百鬼丸。

 アニメのどろろは、真面目だなぁと感じます。

 百鬼丸は、ひたすら鬼神を倒して体を取り戻すことしか頭にないけど、いつか何のために自分は生きるのか、考える時が来るのか。

 琵琶丸と別れてから、慈照尼と妖怪小僧に出くわします。

 慈照尼、原作に似ているけど、幽霊というより妖怪化しているようなキャラデザインに、ぎょっとしました。

 妖怪小僧は、原作そのままのキャラデザイン。

 映画では、着ぐるみ感たっぷりでしたので、原作通りのキャラデザインに、嬉しくなりました。

 思ったよりでかくて、どろろが翻弄されているのがカワイイ。

 そして、寺の焼け跡で、油が巻かれていた跡を見つけて、放火と疑う二人。

 そこを鯖目登場――死んだ魚の目というより、無表情な目でしたね。

 原作通り、鯖目の屋敷に泊めてもらって、芋虫に襲われるのはお約束。

 原作より芋虫していて、気持ち悪かった……

 百鬼丸が芋虫にとどめを刺した――と思ったら、マイマイオンバが芋虫助けに来て逃げて行った。

 逃げた先で鯖目が待っていて、二人を喰えなかったとマイマイオンバは文句言います。

 人間の姿のマイマイオンバは、白髪なのは、モデルとなったマイマイガが白いからかしら?

 次は地獄変の巻。

 鯖目の末路は、虫プロ版では発狂、映画ではマイマイオンバに殺されましたが、どうなるのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月10日 (水)

母の顔を知らない子……アニメ『どろろ』白面不動の巻

 トラウマになるよねぇ……やっと会えた両親と弟から、見捨てられたら。

 アニメ『どろろ』白面不動の巻の冒頭、百鬼丸は眠れない夜を過ごします。

 縫の方や多宝丸に、救えないとか、鬼神だと言われたら、夢に見ちゃいますよ。

 百鬼丸は悪夢を払うように魔物を斬りまくりますが、そんなあにきをどろろは心配して、温泉に誘います。

 魔物がいるぞーと嘘ついて、やってきたのは白面不動の妖力によって生き返った死人、おかかの家。

 原作では修験者の顔をとる描写はグロくはないのですが、アニメでは生きたまま不動の剣で顔を斬り落とすという描写になって、思わずひいちゃいました。

 死人の女は、原作ではただの手下でしたが、アニメでは不動を彫った仏師と設定変更。

 原作でも虫プロ版アニメでも、「顔が欲しい」と言っていたのは白面不動でしたが、今回は無言。

 顔にこだわっているのは、不動よりもおかかのほうかもと、思う設定でした。

 どろろが「目があって、鼻があって、口があればいいじゃないか!」とおかかに言いますが、これって、現代の見た目重視、整形に向けたメッセージ?

 おかかは百鬼丸の顔をとろうと、縫の方の顔に変えようとしましたが、百鬼丸はまだ目が見えないので、縫の方は鬼神の色と同じとしか認識できていないから、おかかの顔は変化なし。

 そうか、百鬼丸の目をまだ取り戻させていないのは、今回のエピソードのためかと納得です。

 ところで、ばんもんの九尾の狐も白面不動も倒したのに、百鬼丸の体はどこも取り戻していません。

 これって、12の鬼神ではなかったってこと?

 それとも、縫の方と多宝丸の体が傷ついたことで、景光との契約はまだ有効?

 謎です。

 最後に百鬼丸は「どろろ、俺は大丈夫。温泉、いくぞ」とそっけなくもどろろと温泉は入りに行くのは、ほのぼのとした雰囲気。

 だけど、一緒に温泉に入った地元の兄妹に、背中の地図指摘されて、どろろはあたふた。

 どろろの背中の地図設定、今回のアニメでは無視するのかと思っていましたが、埋蔵金エピソード、ちゃんとやるんだ!

 新OPでしらぬいが出たから、無情岬の巻をやるのはわかっているけど、埋蔵金の話もちゃんといれるね。

 ということは、イタチも再登場?

 ところで、OPとEDが今回から変わりましたが、OPはやっと今回のスタッフの『どろろ』という感じがします。

 前のOPは、キャラデザインが原作とアニメと混じっていて、やや統一感がなかったような気がしましたが、新OPで新しい『どろろ』になったと思いました。

 EDは……虹色といいますか、遊色でぼかした感じでやたらキラキラしていて、眩しかったです。

 目が悪くなったのかと、まじまじと画面見つめたけど、最初から最後までぼやかした感じでした。

 これは百鬼丸が感じたどろろのイメージかしら?

 百鬼丸の目が見えるようになったら、ぼやけた画面はクリアになる?

 

 次回は鯖目の巻。

 予告では、原作通鯖目の館で侍女たちが舞を披露し、どろろと百鬼丸は芋虫に襲われ、廃寺で原作よりでかい妖怪小僧に懐かれています。

 虫プロ版や映画版とは違うアレンジになるかしら?

 

 

 

 

 

 

2019年4月 8日 (月)

手塚アニメと共に育った……『テヅコミ』Vol7

 アトムが表紙の『テヅコミ』7冊目。

 手塚作品のアニメ化の特集してますが、アトム、出てこないな……

 

 1巻が発売された「サーチアンドデストロイ」、ヒトラーみたいなビジュアルの蜂須賀市市長が登場。

 やっぱり百の父親だった。

 市長がクリーチャーに百の体を売って、今の権力を手にし、売った子供が生きていたことを知って、抹殺を指令。

 一方百は、まだ真実を何も知らない……

 ドロが百に協力することになり、戦いはこれからというところ。

 だんだん話が「どろろ」らしくなってきましたぞ。

 

 「亜夜子」は江野が殺された事件を追って、刑事が動く。

 だけど、仁と涼子が江野と会っていたことを知った犯人は、二人を口封じしようと襲って来た!

 涼子は仁をかばって池へ落ちる――

 原作だと仁朗がお涼を殺したけど、リメイクではこういう展開かー。

 仁が涼子殺さなくてよかったーと思ったのですが、これで終わるはずがないし、亜夜子が監禁される日も近い?

 現代を舞台に亜夜子がどんな運命をたどるのか、ますます目が離せないです。

 

 桜の下の……的な「懊悩マモルくん」は、ちょっと大人な感じ?

 相変わらずのドタバタコメディでしたが。

 桜吹雪の中で、口づけを交わしていたのはゴアとモル?

 

 京都の地下には獣人の街がある。

 「京獣物語」は、亜子が獣人街の獣都庵に連れて来られてバンパイヤの歴史を勉強してます。

 モグラ族のボスが、マッドPAの被検体で、そのせいでモグラの姿のまんまというのは、原作「バンパイヤ」を踏襲しているようです。

 そして、狩人が獣人たちを抹殺せんと、第二次バンパイヤ革命を起こそうとしている、とてもデンジャラスな予感を感じさせる設定。

 ところで、東日本の獣人を治める白狼会の族長神威って、私の勝手な想像ですが、トッペイかチッペイかしら。

 そうだったらいいなー。

 

 流行にのるドラキュラ伯爵――「チョコっとドラキュラ」は、スマホ使えない父はあり得ないと、テレビのインタビューでのたまう女子高生に衝撃を受けたドン・ドラキュラ。

 スマホ買ってネット配信までできるようになっちゃった!

 テレビの影響受けすぎ。

 だけど、コメントで馬鹿にされてブチ切れちゃだめよ。

 冷静に、冷静に。

 

 「Heisei七色いんこ」は、宝塚がモデルの桜塚歌劇団で代役を引き受ける二代目いんこ。

 今回の演目は「リボンの騎士」です。

 「リボンの騎士」は、設定が複雑すぎるからと、二代目は最初断りますが、女刑事がセリフ覚えられないからごねてるんだろと笑われて、役者魂に火が付いた二代目は、見事代役を引き受けます。

 二代目は、泥棒というより、役者としての面が強いみたいですね。

 女刑事が言っていたとおり、「平成のいんこは何も盗んでないの!」よ。

 ところで、昭和のいんこは最後の舞台で生死不明ということが明らかになりました。

 原作単行本ラストのあの舞台ですね。

 じゃあ、いんこは千里刑事と結ばれなかった?

 二代目はいんこの息子じゃない?

 謎が謎を呼ぶ中、次の劇の招待状が二代目と女刑事の元に届きます。

 演目は「七色いんこ」。

 

 アリスのテヅカランドでの摩訶不思議な旅はまだまだ続く「治虫の国のアリス」、「どろろ」的なラストの前回から、あっというまに落ち込むのやめて、手塚治虫を探して家に帰るぞと、前向きになるアリス。

 だけど、サブタンと出会い、四次元の世界に連れてこられて謎、謎、謎です。

 どうなるんだろう?

 

 復活したピラールと闘うエミヤ、「とらわれのエデン」は悲劇が襲います。

 ピラールは実験体とエミヤを戦わせますが、それはなんと死んだはずのお父様!?

 原作より卑怯なピラールに、人の心は残っているのか?

 

 「メトロポリス」のその後のお話「呪われしもの」は、「ブレードランナー」的なダークな雰囲気がいいです。

 メトロポリスで起こった誘拐事件を捜査するヒゲオヤジは、かつての敵、レッド公に協力を仰ぎます。

 犯罪組織のボスのコネで、誘拐犯を探し出しますが、まさかの犯人に、「ええっ!?」と叫びだしたくなりました。

 誘拐犯は、ミッチィを愛し、蘇らそうとしていた人物。

 ピュアな心持つ子供をさらい、ロボットにその人格を移植させようとしていたのでした。

 あの人物が、犯罪に手を染めてしまったことにショック。

 ただひとつ、救いがあるとしたら、子供たちの心を移植されたロボットたちに、ヒゲオヤジが自分の為に生きろ、ただひとりの自分になれと言ったことでしょうか。

 

 

 テレビが面白くないアル仙は、ウッウーに「ブッキラによろしく!」の世界に連れて行ってもらう「グルグルギューン」。

 ロックがアル仙を助っ人に、ブッキラにひどい目にあわされるのを食い止めようとしますが、失敗。

 だけど、「ブッキラによろしく!」は、ブッキラが主人公だけど、トロ子とロックもいてこそ話が成り立つ、この物語は三人の物語なんだというウッウーに、納得です。

 

 

 相変わらずヒグオヤジLOVEな「おヒゲシリーズ」です。

 「フウムーン」の話をここまでBLっぽくしちゃうとは……

 

 「和田ラヂヲの火の鳥」は、連載7回目にしてやっと火の鳥が出てきました!

 しかも、野良火の鳥として。

 サラリーマンのおじさんいついてきて、そのまま飼い火の鳥になった。(いいなーわたしも飼いたい)

 猫が大好きなにゅ~るを、美味しそうに舐める火の鳥の顔が、ちょっと怖い。

 しかし、永遠に生きる火の鳥、自分が死んだ後の飼い主探すの大変そう。

 やっぱり火の鳥は飼えない……

 

 「新約・リボンの騎士」は、コミック1巻発売記念としてレスターの日常を描いたお話が掲載。

 こんなに妻子に虐待されていたんだ……

 レスターの男尊女卑の理由がなんとなくわかって、ちょっと可哀想?

 

 ロゼってビオレッタの娘だったの!?

 小説「青いリボンと銀の髪」は、敵をなんとか追い払ったシエルたちでしたが、ロゼは意識を失ったまま。

 心配する中、エメラルド領辺境伯、エメラルドが訪ねてきました。

 このエメラルドは、「双子の騎士」で登場したエメラルドで、ロゼがビオレッタの娘だと、シエルに教えます。

 てことは、ロゼはビオレッタと白薔薇の王子の間にできた娘?

 ロゼ……薔薇……そうか……ちゃんと伏線張ったネーミングだわ。

 

 平成最後の『テヅコミ』、いよいよ次回から令和になりますが、手塚治虫愛がパワーアップした作品に期待大です。

 

↓昭和平成令和へと続く

テヅコミ Vol.7

 

 

 

 

 

 

2019年3月26日 (火)

二度捨てられた百鬼丸……アニメ『どろろ』ばんもんの巻・下

 ああ、なんて勝手な奴ら!


 アニメ『どろろ』ばんもんの巻・下、百鬼丸は両親と弟と出会い、そしてまた捨てられた。


 景光は百鬼丸のことを生まれ損ないと罵り、多宝丸は父が百鬼丸にしたことは人の道に反するとわかってはいるが、国のために百鬼丸を倒すと宣言、そしてひたすら百鬼丸の無事を祈っていた縫の方も、今の平和と繁栄が百鬼丸の犠牲の上で成り立っていたことを知ると、百鬼丸を救えない、国のために百鬼丸の体を鬼神に食わせるしかないと言う。


 百鬼丸の犠牲の上に成り立つ平和と繁栄、それがかりそめだと彼らは知っているのでしょうか。


 原作より無情な展開に、絶句です。


 百鬼丸は、両親弟に拒絶されても「?」な感じでまだ絶望していないけど、感情を取り戻した時、百鬼丸は何を思う?


 怒りか哀しみか。


 まだわかっていない百鬼丸の代わりに、どろろは景光たちに憤り、「あにきにはおいらがいる」と百鬼丸を慰めます。


 なんて面倒見のいいどろろ。


 百鬼丸は九尾の狐を倒したけど、多宝丸は百鬼丸に斬られて右目失明、縫の方は百鬼丸だけ犠牲にしないと、自らを短刀で刺す――。


 縫の方は助かるの?


 醍醐の国に災厄をもたらしたと景光は逆恨みしてますが、これで百鬼丸はお尋ね者になる予感。


 鬼神だけではなく、景光からも狙われる百鬼丸。


 四月からの展開に注目です。


 次回は白面不動の巻。


 お自夜のそっくりさんも原作通り登場で、不動の手先として修験者の顔を奪うみたいですが、生きながら顔を剥ぐ?


 来週はお休みで、再来週から再開の『どろろ』、OPとEDが変更され、PVも公開。


 しらぬいやマイマイオンバも登場するPVに、今度こそ時獄変と無情岬の巻のアニメ化されると歓喜の雄叫びを上げそうになりました。


 百鬼丸もだんだんしゃべるようになってきて、主役らしくなってきた?


 放送三か月、ずっとどろろの声しか聴いていなかった気がする。


 正直言って、百鬼丸の声がまだ印象に残ってません。


 4月からどんどん喋ってどろろと会話してほしいです。


 


追記


 忘れていたけど、助六、朝倉に捕まって処刑されそうになったけど、百鬼丸とどろろに助けてもらって、お母さんとも無事に再会。


 う~ん、助六のエピソードは原作通りのほう方がよかったんでは?


 


 


 


 


 


 

2019年3月22日 (金)

瞳に映る君の姿は……『どろろと百鬼丸伝』霧中の蹄音の伝

 霧の中から現れた男……それは馬に乗った多宝丸。
 道に迷った多宝丸は、池で水をくむ少女に出会った……
 それは、恋の予感?
 的な始まりの『どろろと百鬼丸伝』、もう多宝丸が登場した!
 そして、どろろの姿を見るのが、百鬼丸より先に多宝丸が見たというのが、びっくり。
 これはどろろをめぐって三角関係になる?
 なんて妄想してしまいました。
 だって、どろろは前回万代に着替えさせられた女物の着物きたまんまだし、多宝丸は「可愛い顔して言葉がキツいな」なんてのたまうし。
 どろろは水を汲んで、百鬼丸が待つお堂に向かいます。
 なぜか後をついてくる多宝丸。
 お堂で百鬼丸の尋常ではない叫び声に、どろろも多宝丸もびっくり。
 百鬼丸の目が蘇る痛みだと、どろろは多宝丸に説明しますが、当然多宝丸は「何だそれは」と言いますし、説明しているどろろも、わかっているわけではないから、困ってしまいます。
 どっかいけと多宝丸を追い払うどろろ。
 多宝丸は「何かあれば訪ねてこい」と言い残して去ります。
 これは完全に、多宝丸はどろろのこと気がありますね。
 先の展開が楽しみ。
 で、肝心の百鬼丸は、両眼を取り戻して初めてどろろの顔を見て、原作通り「案外可愛いな」と言います。
 兄弟そろって好みが一緒か。
 そして、いよいよ百鬼丸はどろろに己の呪われた生い立ちを語る時が来た――
 連載始まって半年、焦らされましたね。
 コミックスの1巻は来月発売ですが、これは序の口。
 原作より長くなりそうな予感がします。
 嬉しいけど、本棚に余裕が……

2019年3月20日 (水)

父と子、兄と弟の出会いは真実を暴く? アニメ『どろろ』ばんもんの巻上

 前回大蟹の化け物を倒したことで出会った百鬼丸と多宝丸。
 百鬼丸の出自がわかるばんもんの巻が始まりました。
 どろろはあにきが化け物倒したから金払え、と要求。
 陸奥と兵庫はむっとしますが、多宝丸は気前よく支払います。
 自分が不覚をとったことはわかっていて、百鬼丸の実力も認めてのことですが、なんか百鬼丸の強さに嫉妬している?
 多宝丸と別れた百鬼丸とどろろは、醍醐の国へ入ります。
 町は栄えていて、なんと、景光が鬼神を倒してくれたおかげで国が栄えたということになっていて、そうゆう芝居まで上演している。
 これって、イメージ戦略ですね。
 権力者の都合の良い事実が領民に広まり、景光様様と、あがめられている。
 真実は、景光が鬼神と取引して、百鬼丸の犠牲の上で得られた平和なのに。
 二人は町で化け物がでるというばんもんの話を聞き、退治することに。
 そこで出会った少年――助六から、ばんもんのことについて話を聞きます。
 あれ?
 原作とキャラデザイン違うんで、助六だってわからなかったです、はい。
 あと、性格も原作と違うような……
 百鬼丸とどろろが狐火の化け物と戦っている間に、今ならばんもん越えられると、一人行っちゃうし。
 そこで朝倉方の兵に捕まっちゃって、大ピンチ。
 助六を追ってきたどろろも捕まっちゃうし。
 一方、百鬼丸は九尾の狐と戦っていましたが、なんと、ばんもんにやって来た景光たちに助けてもらった?
 景光は、兵庫と陸奥から百鬼丸のことを聞いて、捨てた我が子と悟り、兵を率いてばんもんに来たのでした。
 百鬼丸を殺すつもりか?
 次のばんもんの巻下で、百鬼丸は真実を知ることになると思いますが、原作と違って、百鬼丸は「イノセント」な存在。
 実の父に売られて、鬼神に体を奪われた事実を知って、怒るのか、悲しむのか、それとも何も感じないのか。
 どんな反応をするのか、気になります。
 それと、町で子守歌を歌っていた発狂した女性、あの人は百鬼丸が生まれた時、その場にいた侍女だったのね。
 ずいぶん変わっていたから、全然気がつかなかったです。
 百鬼丸や多宝丸を鬼の子だと恐れる様子に、見えないものが見えてしまうようになった哀れさがにじみ出ています。
 ところで、百鬼丸と多宝丸の魂の色は、同じですが、他の人とは違う色合いは、鬼神と取引した景光の子だから、契約の呪いが引き継がれているという設定なのでしょうか?
 そして、百鬼丸には景光の魂の色は、どんな色に見えるのか?

2019年3月15日 (金)

不都合な真実『憂国のモリアーティ』8巻

 切り裂きジャック事件解決の『憂国のモリアーティ』8巻。
 英国に革命を――その為なら弱き人々を犠牲にしてもかまわない輩が切り裂きジャックの正体でした。
 彼らを操っていたのが、ミルヴァートンだったっていうのは、驚きましたが。
 ウィリアムとルイスが真犯人たちを皆殺しにして、二度と切り裂きジャック事件は起きなくなりましたが、迷宮入りするわけにはいかないのが警察。
 なんと、無実の人間をジャックだとでっち上げて逮捕しちゃいました!
 冤罪で捕まった男を助けるため、冤罪をでっち上げたアータートン主任警部の罪の証拠を求めるレストレードは、ホームズに助けを求めます。
 ホームズは警察が隠した不都合な真実に気づいていて、当然レストレードに協力。
 そして、ウィリアムたちも陰でこっそり?お手伝い。
 アータートンの悪事の数々を示す証拠を無事手に入れて、冤罪事件は無事解決。
 それはいいんだけど、警察内部にもウィリアムの協力者がいたこと、やっぱりなーと思いつつも、警察大丈夫かと心配になりました。
 ホームズは、犯罪卿が義賊だとプロファイリングしますが、探偵としては、犯罪者を野放しにするのは許せない。
 で、ウィリアムに会いに行って、思いを告白。
「やつの目的がどうあれ、罪を犯している以上――俺は奴を捕らえ、断罪し、犯罪の責任を取らせるつもりだ」 
 ウィリアムは、「罪を犯した者にはそれ相応の責任を取らせるべきです。義賊かどうかなんて問題ではない」と言います。
 これって、いつかホームズに自分の事捕まえてほしいって言ってるようなもの。
 そして、ロンドンに帰るホームズに、初めて「シャーロック」とファーストネームで呼んでお見送り。
 機関車の汽笛の音で、ホームズはよく聞こえなかったみたいだけど(笑)。
 
 予告では、次巻はウィリアムとルイスの子供の頃の話らしい。
 ウィリアムの本名がなんていうのか明らかになる?
 そして、『憂国のモリアーティ』がミュージカル化決定!
 アニメ化の前に舞台化って、流行らしいけど、インドア派の私としては、、アニメ化してほしいなぁ。
 テレビで見られるし。
↓都合の悪い真実と都合の良い嘘
 

憂国のモリアーティ 8 (ジャンプコミックス)

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30