フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 死霊にとり憑かれたみおを百鬼丸はすくえるのか?『どろろと百鬼丸伝』どろろとみおの伝参 | トップページ | あやしい女&美少年『奇想の国の麗人たち 絵でみる日本のあやしい話』 »

2020年7月 2日 (木)

帝都に猫又暗躍『帝都妖怪ロマンチカ』猫又にマタタビ&狐火の火遊び

 創作二次小説で妖怪もの書いているせいか、時代劇で妖怪が出てくる小説が読みたい私。

 集英社文庫で昭和初期の東京を舞台にした『帝都妖怪ロマンチカ』なる小説を見つけ、既刊2冊を購入、一気読みしました。

 

 1巻の猫又にマタタビは、見世物小屋で人間の娘に化けて暮らす猫又の弐矢(にや)は、昔愛していた女にそっくりの青年、嘉寿哉(かずや)を見かけます。

 弐矢は、彼に近づくべく、男の姿になって、まんまと同居することに成功。

 妖怪だから、性別は自由に変えられるのね。

 でも、嘉寿哉は心理学の研究者で、オカルトを科学的に解明しようとしていますから、妖怪の類は一切信じていません。

 妖怪を信じていない人間に、猫又の思いは通じるのか?

 思わず心配。

 

 2巻は、嘉寿哉の恩師の娘が通う女学校で起きた怪事件の話。

 ピアノ教師と女学生の秘密の恋が事件の謎を解くカギ。

 この時代だから、同性同士の恋は、理解されない。

 後味の悪い結末でした。

 

 1・2巻共に、現実の影に妖怪が暗躍していましたが、主役の弐矢よりも、妖狐の一族のほうが強烈な印象。

 どちらの事件にも妖狐が絡んでいますが、妖狐の姫をやんごとなきお方に嫁がせようとする野望を抱いています。

 その昔、玉藻の前が鳥羽天皇に寵愛されて国が傾いたという伝説がありますが、昭和の妖狐たちも玉藻の前を意識している?

 

 シリーズはまだまだ続きそうですが、嘉寿哉は弐矢の正体を知る時がくるのでしょうか。

 弐矢の寿命も短そうだし、猫又だだと知らないまま、別れそうな予感。

 さて、どうなるか。

 

↓昭和猫又草紙

帝都妖怪ロマンチカ ~猫又にマタタビ~ (集英社文庫) & 帝都妖怪ロマンチカ ~ 狐火の火遊び ~ (集英社文庫)

 

 

« 死霊にとり憑かれたみおを百鬼丸はすくえるのか?『どろろと百鬼丸伝』どろろとみおの伝参 | トップページ | あやしい女&美少年『奇想の国の麗人たち 絵でみる日本のあやしい話』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 死霊にとり憑かれたみおを百鬼丸はすくえるのか?『どろろと百鬼丸伝』どろろとみおの伝参 | トップページ | あやしい女&美少年『奇想の国の麗人たち 絵でみる日本のあやしい話』 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31