フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 2020年7月 7日 (火) | トップページ | 2020年7月 9日 (木) »

2020年7月 8日 (水)

2020年7月 8日 (水)

最終章! ドラマ『探偵由利麟太郎』マーダー・バタフライ前編

 由利先生のドラマもいよいよクライマックス。

 ドラマ『探偵由利麟太郎』の最後の事件は、蝶々殺人事件。

 ドラマでは、マーダー・バタフライと横文字表記になっています。

 原題のままのほうがよかったかなーと、個人的には思います。

 歌姫サクラが殺され、遺体がチェロケースに入れられて発見。(原作と一緒)

 歌劇団関係者が容疑者としてホテルに留まることに。

 サクラの夫と知り合いだった由利先生&三津木も遺体発見の現場に居合わせたことで、犯人捜しすることに。

 サクラのマネージャーや夫、付き人、指揮者その他皆あやしく見える。

 恋多き女だったサクラに翻弄された男も女も、大なり小なり動機があるし。

 由利先生の推理が犯人に迫ろうとしている。

 しかし、第二の殺人が!

 ――ここで次に続く。

 来週で終わりだと思うと、名残惜しいです。

 由利先生が先端恐怖症になった理由や、奥さん?らしき女性の幻を見る理由は、最終回で明かされるのでしょうか?

 次回も見なくちゃ。

 

↓来週まで待てない! と言う方は、原作小説をどうぞ。

蝶々殺人事件 「由利先生」シリーズ (角川文庫)

由利・三津木探偵小説集成4 蝶々殺人事件

 

 

 

« 2020年7月 7日 (火) | トップページ | 2020年7月 9日 (木) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30