フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 2020年7月 4日 (土) | トップページ | 2020年7月 6日 (月) »

2020年7月 5日 (日)

2020年7月 5日 (日)

殺人ピエロの笑いは狂気の笑顔――ドラマ『探偵由利麟太郎』

 今回も変えてますねぇ。

 ドラマ『探偵由利麟太郎』3話は、三津木が容疑者!?

 パーティで上から降ってきた靴をたまたま拾って届けたら、靴の持ち主は殺されていた。

 第一発見者は容疑者。

 というお約束で、三津木は警察に連れていかれてしまいました。

 で、今回の由利先生の相棒は、等々力警部。

 等々力さんは、金田一さんの相棒よ!

 と突っ込みたくなりましたが、冷静に思い出せば、戦前から由利先生シリーズで等々力さんは既に登場済み。

 金田一耕助シリーズのほうが戦後に書かれたので、元に戻っただけのこと。

 それに、

「トド!」

「ユリリン!」

 由利先生と等々力さんの呼びかけは、長年の付き合いと言うことで、いいカンジ。

 ユリリンとトドの聞き込みと、現場検証で、パーティ会場にいたピエロがあやしいと由利先生は推理。

 ピエロが誰かを突き止め、第三の殺人を見事食い止めました。

 でもね、原作の「銀色の舞踏靴」に、ピエロは出てこない。

 犯人にピエロの仮装させたのはドラマオリジナル。

 原作のまんまじゃ、地味だし。

 犯人役の嫉妬と悲哀が、ピエロの仮装からにじみ出ていた。

 

 次回はいよいよ蝶々殺人事件前編。

 楽しみです。

 

↓原作「銀色の舞踏靴」はこちらに収録。ドラマは和風柄の靴に変更

由利・三津木探偵小説集成4 蝶々殺人事件

 

 

« 2020年7月 4日 (土) | トップページ | 2020年7月 6日 (月) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31