フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 絵巻を漫画に!? 『まんが訳 酒呑童子絵巻』 | トップページ | なんてカワイイ……『白猫マニアックス』 »

2020年6月23日 (火)

アンティーク着物と挿絵のコラボで読む『谷崎潤一郎文学の着物を見る』

 らんぷの本の『魔性の女挿絵集』の谷崎潤一郎作品の挿絵が、あまりに美しいので、谷崎作品が読みたくなった今日この頃。

 だけど、文庫では谷崎作品全てが収録されている訳ではない。

 中央公論新社の全集には、全て収録されているようですが、いきなりハードカバー全26巻を揃えるのも躊躇してしまいます。

 それに、挿絵が再録されているわけではないし……

 で、同じらんぷの本『谷崎潤一郎文学の着物を見る』には、主な作品の挿絵の一部と、当時の資料に基づいて再現されたヒロインの着物の写真が載っているので、まずはこちらでガマン。

 どの着物も、きれい……

 「細雪」の四姉妹の着物、それぞれの色と柄が、姉妹の性格や人柄の違いを表しているよう。

 「肉塊」の着物にロングネックレスは、ちぐはぐなようでいて妙にあっている。

 「痴人の愛」のナオミの変化によって、着ている着物も変わっていくのが、面白い。

 明治末期から昭和40年代の着物の柄って、古典的なようでいて、斬新。

 帯には、

百年たってもいかがわしい!!

 なんて書いてありますが、確かにそうですね(笑)。

 お子様には、積極的に読ませられない作品もありますし。

 うっとりと美しい挿絵と着物に見惚れて、とりあえず、文庫で手に入る作品から読んで、全集でしか読めない作品は、後にしようと思うのでありました。

 

↓着物の下には、清らかさと淫らさと――

谷崎潤一郎文学の着物を見る: 耽美・華麗・悪魔主義 (らんぷの本)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 絵巻を漫画に!? 『まんが訳 酒呑童子絵巻』 | トップページ | なんてカワイイ……『白猫マニアックス』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵巻を漫画に!? 『まんが訳 酒呑童子絵巻』 | トップページ | なんてカワイイ……『白猫マニアックス』 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31