フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 言語道断! 高齢者置き去り事件 | トップページ | 手塚治虫の『アドルフに告ぐ』オリジナル版の刊行決定! »

2020年2月 8日 (土)

季節外れのエイプリールフールか? 手塚治虫の新作モーニングに掲載!?

 マジか……

 ニュースでびっくりぎょうてん。

 手塚治虫の新作が、今月27日発売のモーニング13号に掲載される?

 どうゆうこと!?

 未発表作品が見つかったのか!?

 と思ったら、そうではなくて、AIに手塚治虫のタッチやストーリーを学習させて、新たな作品を描かせたという。

 つまり、手塚治虫本人の作品ではなくて、AI手塚治虫による作品。

 A!美空ひばりに新曲を歌わせたのと、同じようなこと。

 小説では、星新一作品を学習させてAIに書かせた例はありますが、AIに漫画を描かせるとこまできましたか。

 う~ん。

 AIが描いた漫画が、手塚治虫作品と言えるのか、言えないのか。

 何より重要なのは、AI手塚治虫の作品が、おもしろいのか、おもしろくないのか。

 今現在生きている人間が、必死に手塚治虫が残した作品を基に、あれこれリメイクしたりしてますが、傑作だったり、駄作だったりと、差があるのは当然のこと。

 AIは、手塚治虫レベルの作品を作り出せるのか、興味と疑問が半々です。

 AI手塚治虫が描いた作品は、『ぱいどん』――

 とりあえず、お手並み拝見。

 

 

« 言語道断! 高齢者置き去り事件 | トップページ | 手塚治虫の『アドルフに告ぐ』オリジナル版の刊行決定! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言語道断! 高齢者置き去り事件 | トップページ | 手塚治虫の『アドルフに告ぐ』オリジナル版の刊行決定! »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29