フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 今月はおやすみ『どろろと百鬼丸伝』 | トップページ | どこからが夢で、どこからが現か『夢十夜』コミカライズ »

2020年1月29日 (水)

医療とは? 『テヅコミ』Vol 16

  行きつけの本屋さんで『テヅコミ』16が売り切れだったので、わざわざ丸善まで買いに行きました。

 

 うちの近くには手塚ファンが少ないので、手塚治虫関連の本が、日に日に本屋さんの本棚から少なくなっていくきがする……

 

 

 巻頭「治虫の国のアリス」は、写楽が作り出した機械で、アリスは無事?世界の果てまで行くことができました。
 そこで知った事実は、手塚治虫はすでに亡くなっていたということ!
 手塚治虫に会えなければ、アリスは永遠にこの不可思議な世界に閉じ込められたまま?

 

 

 自分を取り戻す戦いは、いよいよクライマックスへ!
 『サーチアンドデストロイ』は、百は耳を奪ったクリーチャーと戦い、ドロは自分を追う老夫婦クリーチャーから出生の秘密を聞く。
 ドロはD66号というクリーチャーで、自分の老いと死を恐れる財閥のクローンでもあった――
 こうゆう設定かぁ!
 やられました!
 SFだからこそできる設定ですね。

 

 

 もはや言うことなしの『懊悩マモルくん』、はちゃめちゃなお正月の巻でした。

 

 

 運命の出会いが事件を解決に導く?
 『亜夜子』は、刑事の弟の真人が亜夜子と出会い、フィルムの現像を引き受けたことから、仁と江野が映った写真がついに須利葉刑事の目に触れる!?
 一方、天外家では、遺産を受け取れないで荒れる一馬に、怪しい動きをする鈴江。

 

 

 吸血鬼狩りが日本で大流行!?
 バンパイヤハンター、アニタがテレビ出演したせいで、チョコラもドラキュラ伯爵も日常生活に支障が起きています。
 血を吸えないチョコラは、思わずノブヒコくんに噛みつこうとして、我に返り……
 このまま日本に住めるのか!?
 それともトランシルヴァニアに引っ越ししなくちゃいけない!?

 

 

 ロックが復活!
 やっぱりロックを蘇らせたか『京獣物語』、でもジンとの関係とかまだわかりません。
 ジンはロックの息子か、それともウェコのハヤトの息子か、はたまたトッペイの息子か?

 

 

 女だとばれたサファイアだけど、レスターに戦いを挑む『新約・リボンの騎士』。
 男であろうと女であろうと、魂は等しく美しい――
 サファイアの思いがレスターを倒す?
 それにしても、どうしてレスターはああまで男尊女卑なんだろう。
 永遠に越えられない壁か?

 

 

 エミヤとシグマ99の最後の戦いが始まった『とらわれのエデン』は、新たな謎が出てきましたぞ。
 シグマ99は、3万年以上、100回もエミヤと戦ってきた?
 どうゆうこと?
 原作と違う展開に、クエスチョンマークが頭の中いっぱいです。

 

 

 マッチ売りの少女と赤ずきんちゃんの狼を助けたブラック・ジャックとピノコ。
 今回の『異世界ブラック・ジャック』は、普通に童話?

 

 

 『ブラック・ジャックガール』は、ほのぼの話だけでなく、生きているからこそ人との違いに苦しむ人々の話がぎゅっと詰まっています。
 他人と違うこと、他人にわかってもらえないこと、苦しいのは本人なんだから、責めないでね……
 そんな気持ちになってしまうお話。

 

 

 『和田ラヂオの火の鳥』、もはや「夢十夜」的ですね。
 不条理な話を読んできて、ようやくそう思えました。

 

 

 未来版アトム?
 『チーム・フェニックス』は、アトムがロボットの救世主となり、人間は差別され、虐げられていた。
 その世界で、ビッグXが、ブラック・ジャックが、百鬼丸が、マグマ大使が、ファイアという少女と共に、ある患者を助けるために戦う!
 その患者とは、アトム!?
 じゃあ、今現在ロボットの総督として君臨しているのは――誰?
 そこはやっぱりといいますか、アトラスでしたね。
 機能停止状態のアトムに変わってアトラスが総督になっていたけど、ブラック・ジャックたちのおかげでアトムは復活し、人類とロボットの対立を解決するために立ち上がる――ところでおしまい。
 えーっ!?
 これこそ読み切りじゃなくて、連載にしてよー。
 と、叫びたくなりました。

 

 

 小説『青いリボンと銀の髪』、オロルはビオレッタとエスメラルダにシエルの秘密を打ち明けます。
 死が近いことを自覚したオロルは、シエルを守ってくれる人を増やそうとして、打ち明けたのでした。
 この二人なら、大丈夫だと思うわ、うん。
 シエルが男だと皆にばれても、なんとかしてくれそう。
 だって、ビオレッタは元リボンの騎士なんだし。
 それに、主人公のシエルが不幸になったら、もともこもない。

 

 

 『テヅコミ』も残り2冊です。

 なんだかんだ言いつつも、手塚ファンの悲しい性で読んでしまいました。


 次回もお楽しみ、です。

 

↓生きるとは、命とはなんぞや

テヅコミ Vol.16 限定版

 

 

« 今月はおやすみ『どろろと百鬼丸伝』 | トップページ | どこからが夢で、どこからが現か『夢十夜』コミカライズ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月はおやすみ『どろろと百鬼丸伝』 | トップページ | どこからが夢で、どこからが現か『夢十夜』コミカライズ »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29