フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 2020年1月13日 (月) | トップページ | 2020年1月17日 (金) »

2020年1月15日 (水)

2020年1月15日 (水)

大臣から下っ端役人までいっぱい『公家源氏』

 源氏と聞けば、『源氏物語』を真っ先に思い浮かべますが、史実では源頼朝や義経といった武士が有名。

 

 しかし、武士ではない、公家としての源氏について書かれたのが『公家源氏』です。

 

 嵯峨天皇の皇子皇女が源の姓を賜ったことで始まった源氏。

 

 これ以降様々な天皇の子孫が源氏となって、歴史上名を残していきます。

 

 一応古典が専門とはいえ、ゆるい知識の私。

 

 『公家源氏』を読んで、源氏について知らなかったことだらけだと、目からウロコです。

 

 後白河天皇の以仁王も、じつは源氏賜姓だった。

 

 兵士との戦いに敗れて皇籍を剥奪され、源以光と名を改められて土佐に配流されたことが、後白河源氏として記録に残されているそうです。

 

 幕末の岩倉具視も、村上源氏の子孫で、源氏最後の右大臣となっています。

 

 他にも武士だけではない、公家としての源氏のことが色々書かれていますので、歴史好きの方もそうでない方も、一読してみてください。

 

↓公家or武士

公家源氏―王権を支えた名族 (中公新書)

 

« 2020年1月13日 (月) | トップページ | 2020年1月17日 (金) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29