フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 2019年12月 2日 (月) | トップページ | 2019年12月 8日 (日) »

2019年12月 7日 (土)

2019年12月 7日 (土)

復刻版『不死蝶』Get!

 ネットでは、探していた本はいくらでもみつかる。

 リアルの本屋さんでは、品切れ絶版本を手に入れるのは、非常に難しい。

 古書店でも、見つかるとは限らない。

 復刻本が出たとしても、必ず書店にあるとは限らない。

 横溝正史の『不死蝶』旧角川文庫版がそう。

 角川文庫の復刻フェアの一環として、今年の1月に復刻されていたけど、うちの近所の本屋さんでは置いていませんでした(泣)。

 神保町に行ってもなかったし、紀伊国屋やジュンク堂、丸善でもなし。

 本は本屋さんに行って買うことを信条としている私ですが、ここまで探してもないとなると、リアル本屋さんで買うのは諦め、ネットで買うか、電子書籍版を購入しようかと思っていたところ、たまたま用事で出かけた先に寄った本屋さんで、あったんです。

 復刻版『不死蝶』が。

 ちっちゃな町の本屋さんで、2冊だけ残っていたのを、即買いました。

 探していた本を見つけた感動、これはリアル本屋さんじゃないと味わえない。

 昔持っていたのと同じ……ではないな。

 昔よりもちょっとページ数が厚くて、字も大きい。

 それでも、「人面相」も解説も昔のまま収録してあるのは、嬉しいです。

 本編のラストまで読んで、後味悪いなーと思った感想も、昔のままでした。

 そりゃ、金田一耕助は、探偵であって、警察ではないので昔の事件の真犯人を暴く義務はないけれど、殺人の容疑者とされたマリの母親の名誉は回復されないまま。

 その点は、事件の全容が関係者に伝わる雑誌連載版のほうが、私は好きかな。

 さて、次の横溝正史作品の復刻はなにかしら?

↓蘇った蝶が舞い降りて事件が起こる

不死蝶 (角川文庫)

 

↓『不死蝶』雑誌オリジナル版収録

横溝正史探偵小説選〈5〉 (論創ミステリ叢書)

« 2019年12月 2日 (月) | トップページ | 2019年12月 8日 (日) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31