フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« SF改変『HUMAN LOST 人間失格』 | トップページ | 再会、別れ、そして……『紅霞後宮物語』第零幕 四、星降る夜に見た未来 »

2019年11月20日 (水)

螺旋の迷宮に迷い込んだ――『上弦の月を喰べる獅子』

 螺旋は迷宮。

 夢枕獏の『上弦の月を喰べる獅子』上下巻をやっと読み終えました。

 ああ、なんて本なんだ。

 もっと早く読めばよかった。

 生命の進化、宇宙の真理、神話、宗教、ありとあらゆるものがつまっている。

 死期が近づく螺旋収集家と岩手の詩人。

 時を超えて二人の意識はひとつになり、新たな世界へとたどり着く。

 そこは一見原始的な世界ですが、命の神秘に満ちた世界。

 旅する中で巡り会い、たどり着いた場所で見つけたものは、何?

 上下二冊、とてもぶ厚いし、飛ばし読みなんかできないくらい一行一行が大事で、気軽に読める内容ではないですが、圧倒されました。

 人は、幸福になれるのですか?

 螺旋収集家と岩手の詩人は、結局死にますが、彼らは幸せ――だった。

 そう思えてなりません。

 

↓読んだ後、螺旋を愛でたくなる。

上弦の月を喰べる獅子〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

上弦の月を喰べる獅子〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)

« SF改変『HUMAN LOST 人間失格』 | トップページ | 再会、別れ、そして……『紅霞後宮物語』第零幕 四、星降る夜に見た未来 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SF改変『HUMAN LOST 人間失格』 | トップページ | 再会、別れ、そして……『紅霞後宮物語』第零幕 四、星降る夜に見た未来 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31