フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« とうとう明日から消費税10% | トップページ | 平安と中世の狭間で編まれた『後拾遺和歌集』 »

2019年10月 1日 (火)

文庫で読み直し『魂の沃野』上下

 北方健三の『魂の沃野』上下巻が中央文庫で文庫化されました。

 ハードカバー版は購入していましたが、本棚のスペース確保のために、文庫に買い替え。

 サイズダウンしても、内容はそのまま。

 加賀の国を舞台に一向一揆が「百姓ノ持チタル国」を作るまでの物語を風谷小十郎を中心に描かれています。

 下巻の巻末に収録されている解説が、一向一揆を扱った作品についても言及しているので、加賀の国を舞台に創作二次小説を書いている私としては、とても参考になります。

 権力者VS百姓。

 単純にそれだけの構図ではなかった一向一揆を、血と肉が通った人間の思惑を書いた『魂の沃野』。

 物語の最後、旅立った小十郎はどこへ行く?

 読売新聞連載終了時に思った答えは、今もまだ出ない。

 

↓青春は留まらないものだから、小十郎は走り続ける

魂の沃野(上) (中公文庫) 

魂の沃野(下) (中公文庫)

« とうとう明日から消費税10% | トップページ | 平安と中世の狭間で編まれた『後拾遺和歌集』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« とうとう明日から消費税10% | トップページ | 平安と中世の狭間で編まれた『後拾遺和歌集』 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30