フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 2019年10月14日 (月) | トップページ | 2019年10月19日 (土) »

2019年10月15日 (火)

2019年10月15日 (火)

懲役13年て短いと思う

 目黒幼児虐待事件の義父に対する判決が出ました。

 懲役13年。

 裁判の結果下された判決とはいえ、個人的には短いと思います。

 保護責任者遺棄致死罪で起訴されたわけですが、なんで殺人罪でなかったんだろう。

 結愛ちゃんをいじめ殺した犯人が、一応父親だったから、保護責任者遺棄致死罪で起訴。

 でも、これがよそのうちの子に対して行っていたら、傷害致死罪とか殺人罪ですよね?

 求刑18年でも短いと思ったのに、13年で結愛ちゃんにしたことへの罪は償うことができるのか?

 子供に自分の理想を押し付けて、思い通りにならなかったから、感情のおもむくままに暴力を振るった人間が、本当に悔い改め、反省するのか疑問です。

 母親が控訴したように、父親のほうも控訴するだろうなぁ。

 刑期が短くなるのか長くなるのかわかりませんが、たとえ無期懲役になったとしても、結愛ちゃんは帰ってこない。

 どうしてありのままに結愛ちゃんを愛してあげなかったのか。

 

 

 

 

アニメ『どろろ』の公式本届いたよ!

 予約していたアニメ『どろろ』の公式本が届きました!

 10月上旬発送予定とあったので、まだこない、まだこないとヤキモキしていたら、MAPPAから発送メールが来て、2日後には届きました。

 台風ひどかったし、遅れたのはしかたないもんね。

 ちゃんと届いたし。

 そしてウキウキしながら箱空けました。

 白地に赤で『どろろ』のタイトルが強烈な表紙です。

 中身はキービジュアルの赤百鬼丸と青どろろと百鬼丸から始まって、アニメ雑誌に掲載されたイラスト、設定集、原画、インタビュー、座談会等々が収録、中身が濃い一冊。

 地獄堂の鬼神が、どれが何処に配置してあったかわかりました。

 アニメの時は、暗くてよく見えなかったし。

 最後の鬼神は、鬼岩という名前だったのも、初めて知った。

 どろろとお自夜の背中の入れ墨がじっくり見れたのもよかったです。

 アニメだと動くから、近眼乱視老眼の私には、見え切れなかった。

 こんなに複雑な刺青だったのねぇ。

 原作ではどろろの背中の入れ墨は、線画みたいだったから、アニメの地図らしい地図に、これならお宝の場所わかるわ、と感心。

 キャラクター設定や小道具のリアルさ、美術の美しさと、堪能できました。

 通販限定商品なのが、惜しいです。

 だけど。

 不満な点があります。

 アニメ本編終了時の墨絵イラストが収録されてない!

 まとめて見たかったのにぃ!

 原画も24話全部収録されているわけではないので、ちょっと物足りない。

 これは後日シナリオ集&原画集を出してもらうしか、私の物足りなさは満たされない。

 

 

↓キャラクター原案浅田弘幸画集も『どろろ』を堪能しよう

風花雪月 HIROYUKI ASADA TEZUKA ALBUM (WANI MAGAZINE COMICS)

« 2019年10月14日 (月) | トップページ | 2019年10月19日 (土) »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30