フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 2019年10月 1日 (火) | トップページ | 2019年10月 6日 (日) »

2019年10月 2日 (水)

2019年10月 2日 (水)

平安と中世の狭間で編まれた『後拾遺和歌集』

 ぶ、ぶ厚い……

 岩波文庫の『後拾遺和歌集』手に取って、そのぶ厚さにちょっと驚き。

 この分量なら、上下二冊刊だったろうに、日本の製本技術の向上に感動しつつ、購入しました。

 古今集など有名な勅撰和歌集は、角川文庫にも収録されていますが、他の勅撰和歌集の文庫は、岩波文庫ぐらいしか見かけません。

 しかも、かなり以前の出版だから、字が小さい……読みずらい…… 

 以前は講談社学術文庫に『後拾遺和歌集』出てたみたいですが、品切れ中。

 新日本古典文学大系のを底本として、注などを改変して文庫化された『後拾遺和歌集』、白河天皇による第四の勅撰和歌集を文庫で手軽に読めるのは、古典好きには嬉しいです。

 ハードカバーだと、本棚に収まり切れなくてねぇ。

 『後拾遺和歌集』を読んで、感じたのは、女性歌人の歌が多いな、ということです。

 和泉式部や赤染衛門などの歌を多く選んだということは、彼女たちの歌の力を選者が認めた、ということでしょうか。

 岩波文庫からは、他の勅撰和歌集も出してほしいです。

 古今和歌集や新古今和歌集だけが、勅撰和歌集じゃないぞ。

 ということを、古典を食わず嫌いの人にも知ってほしいです。

 

↓ 姿秋の月のほがらかに、言葉春の花のにほひあるをば、千歌二百十あまり八つを選びて二十巻とせり。

後拾遺和歌集 (岩波文庫 黄 29-1)

« 2019年10月 1日 (火) | トップページ | 2019年10月 6日 (日) »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30