フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 心の献花は続けよう | トップページ | 藤原氏の栄華の終焉……『籬の菊』 »

2019年8月26日 (月)

初体面! 百鬼丸と多宝丸『どろろと百鬼丸伝』ばんもんの伝その参

 うちの近所の本屋さん、チャンピオンRED10月号売ってないのよね……

 池袋の三省堂まで行って、やっと買えた。

 『どろろと百鬼丸伝』ばんもんの伝その参、いよいよ百鬼丸が多宝丸と対面した!

 お互い兄弟と知らないから、どろろをさらわれた百鬼丸は攻撃的な態度だし、多宝丸は多宝丸で、ばんもんを任されている責任感から、原作よりも偉そう。

 第一印象最悪ですね。

 映画やカラーアニメの多宝丸は、好感度高く描かれていますが、リブート版の多宝丸は、原作と虫プロアニメ寄りです。

 どろろを返せとせまる百鬼丸に、多宝丸はしれっと「屋敷から放り投げたら――あちらの方角へとっとと逃げて行ったわ」なんて言うし。

 もちろん百鬼丸は、多宝丸の嘘を信じません。

 百鬼丸の義手が、屋敷に残されていたし。

 実は、どろろは多宝丸の部下によって寿海の家に移されていて、簀巻きにされて転がされていました。

 多宝丸はどろろのことが、気に入った?

 寿海の作った義手を持っていたから問い詰めようと思っていただけではなく?

 一方、どろろは寿海のとりなしで拘束を解いてもらい、動きやすい着物を貰って着替えます。

 そして、奥の部屋で百鬼丸のと同じ義手を見つけ……

 どろろ、とりなしてくれた男が、百鬼丸の育ての親とわかったみたい。

 さあ、次はどうなる?

 いつもいいところで「つづく」になるから、雑誌はヤキモキさせられます。

 連載始まってもうばんもんの話だし、みおや無残帳のエピソードはいつ?

 

 

« 心の献花は続けよう | トップページ | 藤原氏の栄華の終焉……『籬の菊』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の献花は続けよう | トップページ | 藤原氏の栄華の終焉……『籬の菊』 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30