フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 真実と偽物『ネガレアリテの悪魔 偽物たちの輪舞曲』 | トップページ | 新たなる旅路へ――アニメ『どろろ』最終回どろろと百鬼丸の巻 »

2019年6月25日 (火)

倫敦の悩める日本人と迷探偵『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』

*少しネタバレ感想してます。

 

 ヴィクトリア女王が治める大英帝国首都、倫敦に留学した若き夏目漱石。

 でも、下宿先で聞こえる怪しい声に悩まされます。

 漱石は師事しているシェイクスピアの研究家、クレイグ先生に相談し、探偵シャーロック・ホームズを紹介してもらいます。

 そこから殺人事件に巻き込まれる夏目漱石。

 彼は無事に留学生活をおくれるのか――

 島田荘司原作の『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』。

 月刊チャンピオンREDでコミカライズ連載が始まり、1回目から怪しげな感じで、続きがめちゃめちゃ気になって、光文社文庫の原作を読んでしまいました。

 漱石とワトソンの手記が交互に書かれているので、視点が違うとホームズ像がこんなにも違うのかと、ちょっと、いいや、ものすごく驚きました。

 ワトソンは長年の友人であるホームズのことを悪く描かないのは、当然と言えば当然ですが、漱石からみたホームズの第一印象は、最悪。

 だけど、呪いをかけられた男が、一夜にしてミイラになった事件に関わるうちに、漱石のホームズに対する印象は改善し、事件が終わる頃には素晴らしい人物と認めます。

 まあ、漱石と会った頃のホームズは、麻薬中毒者で、無礼千万な男ですが、事件の犯人を追っている時、頭打ってからは正気に戻ったという展開は、唖然としましたが。

 ホームズとワトソンからみた漱石像も、最初は極東から来た異国人に対して舐めている感じがしましたが、最後は敬意をもって接しているように感じました。

 あと、タイトルに殺人事件とありますが、実際には殺人は起きていないです。

 被害者は餓死で、発見者がいかにも呪われて殺された風に小細工したせいで、「殺人がおきた!?」と皆騙されてしまいます。

 ホームズが殺人事件に偽装した犯人を見つけ、事件の謎を解いて、無事に解決するのはお約束なわけですが、可哀想なのは、被害者の姉。

 弟が呪い殺されたのは、自分の不注意のせいだと思いこんで、ショック状態。

 でも、被害者の姉の心を癒すために漱石がとった行動は、後の名作「吾輩は猫である」執筆のきっかけになる、という展開は、思わずにんまりしてしまいます。

 漱石とホームズ。

 実在の人物と架空の人物が、出会うはずが無いけれど、虚実ないまぜな感じが楽しいです。

 チャンピオンREDの連載も、ますます楽しみ。

 著者の後記で、漱石が日本に帰国後、短編「永日小品」でクレイグ先生の消息を書いているとあるので、そちらも読んでみなきゃ。

 

↓そして「吾輩は猫である」に続く

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (光文社文庫)

 

↓クレイグ先生の消息を知りたければこちら

文鳥・夢十夜・永日小品 (角川文庫クラシックス)

 

↓漱石と倫敦ミイラ殺人事件を読んでから読んでみると印象が違う

吾輩は猫である (角川文庫)

 

 

 

« 真実と偽物『ネガレアリテの悪魔 偽物たちの輪舞曲』 | トップページ | 新たなる旅路へ――アニメ『どろろ』最終回どろろと百鬼丸の巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真実と偽物『ネガレアリテの悪魔 偽物たちの輪舞曲』 | トップページ | 新たなる旅路へ――アニメ『どろろ』最終回どろろと百鬼丸の巻 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31