フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 失われた作品がここにある『一九三四年冬――乱歩』 | トップページ | 恋敵登場!?アニメ『どろろ』天邪鬼の巻 »

2019年5月18日 (土)

百鬼丸の生い立ちが原作よりすごい『どろろと百鬼丸伝』因果の伝弐

 チャンピオンRED7月号掲載『どろろと百鬼丸伝』因果の伝。

 原作では一見たおやかな女妖怪が襲って来たけど、リブート版『どろろと百鬼丸伝』では、最初からおどろおどろしい妖怪が幼い百鬼丸を襲いに来ました。

 百鬼丸は、遠い昔、赤ちゃんだったころの記憶を思い出し、額に傷のある男が自分を生贄に差し出したことを知ります。

 百鬼丸、生まれてから48の魔物に体を取られたのね。

 そこんところはアニメと同じだわ。

 で、妖怪は寿海が刀で追っ払ってくれたけど、逃げた先にも妖怪がおって来て、ピンチ!

 でも、墓から琵琶法師が蘇って、47の死霊と1匹の魔神を倒せば。体が戻ることを教え、法師が呪いをかけた刀で斬ったら、声が戻った。

 う~ん、48の魔物じゃなくて、47の死霊とそのボスの魔神で合わせて48体なのね。

 そして、琵琶法師は晴明――安倍晴明その人だった。

 「どろろ」の世界に晴明出しちゃうなんて、斬新すぎるわ。

 この設定がご都合主義にならなければいいけど、そんなつもりはないんでしょうね。

 どうなるか楽しみ。

 そして、百鬼丸の生い立ちを聞いたどろろの反応が、びっくり。

 泣いて百鬼丸に同情し、「一緒にいてやる」と言ったのには、意外でした。

 原作ではあえて笑い飛ばして刀を盗る宣言しまいたが、リブート版では乳兄弟だったという設定だから、こんな反応になるのかしら。

 あと、面倒見がいいのも現代に合わせた変化か。

 百鬼丸を狙っていた死霊と戦って疲労困憊の琵琶法師の泥を拭いてあげたりしてるし。

 まあ、これからの三人での旅は、いい関係になる予感。

 その頃、ばんもんの丘では国境を超えて朝倉領に行こうと、夫婦と子供が丘を這って登っていました。

 だけど、空から降ってきた矢の雨に、生きて超えることはできず。

 ばんもんを守っているのは、多宝丸!

 次回はばんもんの伝か?

 妖刀似蛭は?

 構成変えて、もう百鬼丸は両親と弟と出会うの?

 先が見えない『どろろと百鬼丸伝』に、来月もチャンピオンRED買ったちゃうんだろうなぁ……

 今月から始まった「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」も面白いし。

 あ、島田荘司の原作まだ読んでないから読まなくちゃ。

 

 

 

 

« 失われた作品がここにある『一九三四年冬――乱歩』 | トップページ | 恋敵登場!?アニメ『どろろ』天邪鬼の巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 失われた作品がここにある『一九三四年冬――乱歩』 | トップページ | 恋敵登場!?アニメ『どろろ』天邪鬼の巻 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30