フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 2019年5月13日 (月) | トップページ | 2019年5月16日 (木) »

2019年5月14日 (火)

2019年5月14日 (火)

お宝あったの!アニメ『どろろ』無常岬の巻

 あれ?

 サブタイトルが「無情岬」じゃなくて「無常岬」になってる。

 読み方同じでも、無情と無常では、意味変わってくるし。

 サブタイトル変更に、今回のスタッフの方針なり方向性が垣間見えます。

 

 アニメ『どろろ』無常岬の巻、イタチに背中の地図見られちゃって、縛られて放置されたどろろ、変化した三郎丸に喰われそうになります。

 原作では、陸に上がった三郎丸は、ただごろっと横たわっていましたが、アニメでは巨大化し、ヒレも大きくなって、這って動けるようになりました!

 ただのサメじゃない、12の鬼神のうちの一体だと感じさせられる怖さです。

 そして、鬼神の気配を感じて岬にやって来た百鬼丸が、次郎丸を倒してどろろを助けます。

 ん?

 左足、義足つけてない!

 前回左足の義足、寿海に作り直してもらったと思ってましたが、私の勘違いだったの!?

 だけど、次郎丸を倒したおかげで左足取り戻したので、結果的に義足を作ってもらわなくてもOKだった。

 それにして、二人の再会シーン、百鬼丸がどろろの頬をむにゅっと掴んで、両手で挟んでおでことおでこをすりすり。

「迎えに来た、どろろ」

 なんてセリフまで言っちゃうなんて、これは王子様とお姫様だわ!

 どろろ姫は、思いっきり照れてますが(笑)。

 再会の感動が覚めぬうちに、二人はイタチを追っていきますが、百鬼丸討伐隊を率いた多宝丸の容赦ない攻撃にさらされます。

 多宝丸に圧され気味な百鬼丸。

 左の刀、折れちゃうし!

 陸奥の解説では、景光の跡を継ぎ、国を治める多宝丸と、百鬼丸では覚悟が違うと言います。

 多宝丸、ホントに百鬼丸を殺すつもりなんだなぁ……

 百鬼丸を殺すことでしか国を守る方法がないと選択したのは、後継ぎとして苦渋の決断なんだろうけど、鬼神や妖怪が跋扈する国で、本当の繁栄と幸せはありえるのか?

 で、百鬼丸もとうとう多宝丸を「俺の敵!」として認識してしまいました。

 二人の対決は、どちらか倒れるまで終わらないということになるんだろうなぁ……

 一方、討伐隊に襲われるどろろとイタチ一味。

 火袋が宝を隠した穴にあった火薬で、討伐隊をおびき寄せて逃げようとします。

  おまけに次郎丸を殺されて自棄になったしらぬいまで火薬を爆発させて、大混乱。

 まあ、おかげで百鬼丸は多宝丸から逃げられたけど。

 こんなに大量の火薬、どうやって調達したんだ火袋、とツッコミたい。

 最後に火袋の隠した宝は、原作と違ってちゃんとありました。

 イタチはとりあえず満足そうな死に顔。

 火袋の宝を見つけても、どろろはむなしそう。

 だから、今はこのまま宝は隠しておくことに。

 ちょっとだけお金持ち出しましたが、ここは当座の軍資金、これまでの苦労代ということで。

 

 次回は天邪鬼の巻。

 折れた左の刀を直しに、刀鍛冶師のとこに行くどろろと百鬼丸。

 予告編見ると、綺麗な女の子がやけに百鬼丸にべたべた。

 どろろは嫉妬むき出し。

 最後に花嫁衣裳の少女に引きずられる百鬼丸は、このまま婿になってしまうのか?

 いままでにないコミカルな予告に、思わずにんまりです。

 

 

 

 

 

 

 

« 2019年5月13日 (月) | トップページ | 2019年5月16日 (木) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30