フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 華麗なる舞台『テヅコミ』Vol6 | トップページ | 足袋屋の大将いなかったねぇ……『いだてん』再放送 »

2019年3月15日 (金)

不都合な真実『憂国のモリアーティ』8巻

 切り裂きジャック事件解決の『憂国のモリアーティ』8巻。
 英国に革命を――その為なら弱き人々を犠牲にしてもかまわない輩が切り裂きジャックの正体でした。
 彼らを操っていたのが、ミルヴァートンだったっていうのは、驚きましたが。
 ウィリアムとルイスが真犯人たちを皆殺しにして、二度と切り裂きジャック事件は起きなくなりましたが、迷宮入りするわけにはいかないのが警察。
 なんと、無実の人間をジャックだとでっち上げて逮捕しちゃいました!
 冤罪で捕まった男を助けるため、冤罪をでっち上げたアータートン主任警部の罪の証拠を求めるレストレードは、ホームズに助けを求めます。
 ホームズは警察が隠した不都合な真実に気づいていて、当然レストレードに協力。
 そして、ウィリアムたちも陰でこっそり?お手伝い。
 アータートンの悪事の数々を示す証拠を無事手に入れて、冤罪事件は無事解決。
 それはいいんだけど、警察内部にもウィリアムの協力者がいたこと、やっぱりなーと思いつつも、警察大丈夫かと心配になりました。
 ホームズは、犯罪卿が義賊だとプロファイリングしますが、探偵としては、犯罪者を野放しにするのは許せない。
 で、ウィリアムに会いに行って、思いを告白。
「やつの目的がどうあれ、罪を犯している以上――俺は奴を捕らえ、断罪し、犯罪の責任を取らせるつもりだ」 
 ウィリアムは、「罪を犯した者にはそれ相応の責任を取らせるべきです。義賊かどうかなんて問題ではない」と言います。
 これって、いつかホームズに自分の事捕まえてほしいって言ってるようなもの。
 そして、ロンドンに帰るホームズに、初めて「シャーロック」とファーストネームで呼んでお見送り。
 機関車の汽笛の音で、ホームズはよく聞こえなかったみたいだけど(笑)。
 
 予告では、次巻はウィリアムとルイスの子供の頃の話らしい。
 ウィリアムの本名がなんていうのか明らかになる?
 そして、『憂国のモリアーティ』がミュージカル化決定!
 アニメ化の前に舞台化って、流行らしいけど、インドア派の私としては、、アニメ化してほしいなぁ。
 テレビで見られるし。
↓都合の悪い真実と都合の良い嘘
 

憂国のモリアーティ 8 (ジャンプコミックス)

« 華麗なる舞台『テヅコミ』Vol6 | トップページ | 足袋屋の大将いなかったねぇ……『いだてん』再放送 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不都合な真実『憂国のモリアーティ』8巻:

« 華麗なる舞台『テヅコミ』Vol6 | トップページ | 足袋屋の大将いなかったねぇ……『いだてん』再放送 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30