フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« リニューアル後の初ココログ | トップページ | 瞳に映る君の姿は……『どろろと百鬼丸伝』霧中の蹄音の伝 »

2019年3月20日 (水)

父と子、兄と弟の出会いは真実を暴く? アニメ『どろろ』ばんもんの巻上

 前回大蟹の化け物を倒したことで出会った百鬼丸と多宝丸。
 百鬼丸の出自がわかるばんもんの巻が始まりました。
 どろろはあにきが化け物倒したから金払え、と要求。
 陸奥と兵庫はむっとしますが、多宝丸は気前よく支払います。
 自分が不覚をとったことはわかっていて、百鬼丸の実力も認めてのことですが、なんか百鬼丸の強さに嫉妬している?
 多宝丸と別れた百鬼丸とどろろは、醍醐の国へ入ります。
 町は栄えていて、なんと、景光が鬼神を倒してくれたおかげで国が栄えたということになっていて、そうゆう芝居まで上演している。
 これって、イメージ戦略ですね。
 権力者の都合の良い事実が領民に広まり、景光様様と、あがめられている。
 真実は、景光が鬼神と取引して、百鬼丸の犠牲の上で得られた平和なのに。
 二人は町で化け物がでるというばんもんの話を聞き、退治することに。
 そこで出会った少年――助六から、ばんもんのことについて話を聞きます。
 あれ?
 原作とキャラデザイン違うんで、助六だってわからなかったです、はい。
 あと、性格も原作と違うような……
 百鬼丸とどろろが狐火の化け物と戦っている間に、今ならばんもん越えられると、一人行っちゃうし。
 そこで朝倉方の兵に捕まっちゃって、大ピンチ。
 助六を追ってきたどろろも捕まっちゃうし。
 一方、百鬼丸は九尾の狐と戦っていましたが、なんと、ばんもんにやって来た景光たちに助けてもらった?
 景光は、兵庫と陸奥から百鬼丸のことを聞いて、捨てた我が子と悟り、兵を率いてばんもんに来たのでした。
 百鬼丸を殺すつもりか?
 次のばんもんの巻下で、百鬼丸は真実を知ることになると思いますが、原作と違って、百鬼丸は「イノセント」な存在。
 実の父に売られて、鬼神に体を奪われた事実を知って、怒るのか、悲しむのか、それとも何も感じないのか。
 どんな反応をするのか、気になります。
 それと、町で子守歌を歌っていた発狂した女性、あの人は百鬼丸が生まれた時、その場にいた侍女だったのね。
 ずいぶん変わっていたから、全然気がつかなかったです。
 百鬼丸や多宝丸を鬼の子だと恐れる様子に、見えないものが見えてしまうようになった哀れさがにじみ出ています。
 ところで、百鬼丸と多宝丸の魂の色は、同じですが、他の人とは違う色合いは、鬼神と取引した景光の子だから、契約の呪いが引き継がれているという設定なのでしょうか?
 そして、百鬼丸には景光の魂の色は、どんな色に見えるのか?

« リニューアル後の初ココログ | トップページ | 瞳に映る君の姿は……『どろろと百鬼丸伝』霧中の蹄音の伝 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リニューアル後の初ココログ | トップページ | 瞳に映る君の姿は……『どろろと百鬼丸伝』霧中の蹄音の伝 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31