フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 二度捨てられた百鬼丸……アニメ『どろろ』ばんもんの巻・下 | トップページ | 新元号は万葉集から »

2019年3月31日 (日)

舞台『どろろ』感想

 あ~う~。

 なんだろ、このがっかり感……

 CSテレビ朝日で生放送された舞台『どろろ』の録画してたのを見ました。

 アニメのを舞台化したので、神鋼は舞台用にアレンジしてあったけど、内容はほぼアニメと一緒。

 アニメとセリフ一緒だ!

 と、胸がきゅんきゅんした場面もありましたが、最後まで見終わると、なんだか虚しさが……

 いや、面白かったんですよ、内容は。

 妖怪や鬼神の表現がどれも同じぽく見えたけど、場面転換の際、真っ暗な舞台見せられる時間が長かったけど、舞台は面白かった。

 ただ、ネタバレされちゃったという思いがいっぱいです。

 アニメはばんもんの巻まで放送されているので、そこまではハラハラドキドキしつつも、心に余裕がありました。

 でも、その後!

 寿海との再会や、賽の目の三郎太の悪意ある行動や、多宝丸が鬼神と取引したりとか、四月からのアニメの内容ネタバレしてる?

 てことは、アニメも百鬼丸が鬼神との戦いの末、多宝丸は百鬼丸に殺され、寿海は百鬼丸を助けるために我が身を犠牲ににし、縫の方は多宝丸と共に死んで、全てを取り戻した百鬼丸は、全てを失った景光を殺さず、「生きろ」と言って去る――という結末になるの?

 そして、どろろは百鬼丸を待ち続け――

 舞台で結末を先に見ちゃったので、アニメで初めて見る楽しみが減っちゃったかも……

 ネタ晴らし的な舞台やるのなら、放送全部終わってから上演・放送してほしかったです。

 ネタバレされるのが嫌なら、我慢して見るなと突っ込まれそうですが、見たくなるのがファンの悲しい性。

 舞台見に行かなかったけど、パンフレットとか、グッズとか、今頃欲しくなってます。

 再演してくれないかしら。

 

↓臨場感ある舞台の感動を再び 

舞台「どろろ」 [Blu-ray]

 

 

 

« 二度捨てられた百鬼丸……アニメ『どろろ』ばんもんの巻・下 | トップページ | 新元号は万葉集から »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二度捨てられた百鬼丸……アニメ『どろろ』ばんもんの巻・下 | トップページ | 新元号は万葉集から »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31