フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 原作より無残アニメ『どろろ』無残帳の巻 | トップページ | 8年目の鎮魂 »

2019年3月 7日 (木)

『不滅の恋人』第1回感想

 録画しておいた韓国時代劇ドラマ『不滅の恋人』観ました。
 いきなり雪原を歩く三人。
 主役のイ・フィと仲間たち。
 公式ガイド本読んでなかったら、「誰?」「宮廷ものなのになんで雪原歩いているの?」と疑問符が頭の中にぐるぐる回っていたかも。
 物語は主人公たちの幼少期から始まる訳ではなく、話の中盤を冒頭に持ってきているので、「こうなる前に、なにがあったの?」感たっぷりです。
 視聴者の興味を引く手法ですが、シンプルに子供時代から始めて、主役二人が出会うところで1話終わり、という風にしたほうが、わかりやすいかも。
 第1話は、兄と弟の確執や、王位をめぐる不穏な状況を紹介しているという程度。
 次はヒロインのチャヒョンが本格的に登場。
 声はオクニョの時と同じなので、なんか安心。
 他の人に代わっていたら、なんで変えたのと、NHKに文句言ってたかも。

« 原作より無残アニメ『どろろ』無残帳の巻 | トップページ | 8年目の鎮魂 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『不滅の恋人』第1回感想:

« 原作より無残アニメ『どろろ』無残帳の巻 | トップページ | 8年目の鎮魂 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30