フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 主役だけどセリフなしアニメ『どろろ』第1話 | トップページ | 何のための戦いか『ヘンリー五世』 »

2019年1月11日 (金)

獣の正体は……『獣の記憶』

 ずっと積読していた『獣の記憶』読了。
 フランスのジェヴォーダンの獣事件を扱った小説ですが、内容はボーイ・ミーツ・ガール物ですね。
 博学者の卵であるトマは、ジェヴォーダンで起きる謎の獣による殺害事件の犯人が、狼なのか、それとも別の獣かを突き止めるために、パリを旅立ちます。
 上流階級と下層階級。
 恋する少女の出自の秘密。
 獣を探す間にトマが巻き込まれる騒動や事件も同時進行で描かれていますが、やはり最大の謎は、獣の正体。
 ある意味、獣は人狼でした。
 人の皮を被った狼。
 信頼できる人間として、トマの近くにいたのでした。
 始め、トマは別の人間を疑っていましたから、真犯人に私は驚きました。
 でも、彼を獣にしたのは、周囲の人間の偏見と憎悪。
 だとしたら、本当の獣とは……
 獣は射殺され、事件も収まりめでたしめでたし――でも、トマは職を失い、父親からも勘当されてしまいます。
 だけど、トマは栄光や名声ではなく、恋する少女の心を手に入れられたのだから、ハッピー?
 この先待ち受けるのが、革命の嵐だとしても……
↓獣は何処にいる? 
 
 

« 主役だけどセリフなしアニメ『どろろ』第1話 | トップページ | 何のための戦いか『ヘンリー五世』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/67549278

この記事へのトラックバック一覧です: 獣の正体は……『獣の記憶』:

« 主役だけどセリフなしアニメ『どろろ』第1話 | トップページ | 何のための戦いか『ヘンリー五世』 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31