フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 三島由紀夫の戯曲『若人よ甦れ・黒蜥蜴 他一篇』 | トップページ | 横溝正史の時代劇『髑髏検校』 »

2018年12月 8日 (土)

手塚治虫のライフワーク『テヅコミ』VOL.3

 火の鳥とタマミが表紙の『テヅコミ』第3号。
 原作のイメージにあった表紙でいいですねぇ~。
 
 「サーチアンドデストリイ」3回目は、ドロが武器商人のクリーチャー、ギャズの車に忍び込んだところからスタート。
 武器をあちこっちに売りつけて、人間を泣かせるクレイジーなギャズですが、全身サイボーグ少女に破壊されて、最期に見たのは自分の涙。
 因果応報、自業自得です。
 ところで、やっと主人公の名前が判明。
 百。
 「もも」じゃなくて「ひゃく」と読む。
 そして、ドロが助っ人してくれたおかげで百は眼球を取り戻しました。
 ドロのことなど眼中になかった百ですが、傷ついて失神したドロを放ってはおけず……
 話がやっと「どろろ」らしくなってきたカンジ。
 「とらわれのエデン」は、近所のおばさんの密告で、エミヤ親子はピラールに捕まっちゃいます。
 公開処刑されそうになったエミヤ。
 ピラールは民衆を煽ってエミヤをいたぶらせ、アブミスに王の印璽を渡せと要求。
 原作とは違うピラールの非道ぶり、性別変えただけでこんなにひどくして、原作のピラールファン、大丈夫?
 ところで、アブミスがエミヤの髪飾りいじったら、エミヤが覚醒!?
 左腕が生えて、兵士たちを叩きのめしたのはどういう伏線があるのか?
 処刑場に現れたレジスタンスは、誰だ?
 もしかしてガイ?
 アブミスが首をはねたのに、ピラールが死なないで反撃したのもどういうわけ?
 伏線張りまくりです。
 「新約・リボンの騎士」は、暗殺者ウィレマの毒にやられたサファイアは、なんとウィレマ本人が助けました!
 友達になれそうと言ったサファイアにほだされた?
 でもって、二人してお祭り見に行くし!
 サファイアは女の子の恰好して、ウィレマは男の子の恰好します。
 いつもと逆の格好した二人、おやお似合い!
 仲良くなれそう。
 心も通じ合いそうだし。
 お友達から始めて、 これは、サファイアの相手役はウィレマで決定か?
 「懊悩マモルくん」、相変わらずモルに恋してる状態のマモルくんです。
 声優さんの偉大さを語るお話を絡めて、ここまでモンモンさせるとは……
 「亜夜子」は、今現在のところ、主人公が涼子みたいですね。
 小学生の恭司郎にまで見下されて可哀想。
 原作の司朗とは大違いのスケベで嫌なキャラの恭司郎、これは絶対大人になったらもっと嫌な奴になるだろうなぁと、がっかりしてます。
 イケメンにはならないだろうなぁ……
 亜夜子の実の母、鈴江も、原作とは違う性格で、原作通り亜夜子が土蔵に監禁されたら、守ることはしないかも。
 涼子や亜夜子を気にかける仁も、「仕事」で動き始めて、原作通りなら、今の平穏の先に待ち受ける悲劇が……
 仁が涼子殺すのか?
 続きが待ち遠しい。
 「治虫の国のアリス」は、「海のトリトン」の世界にアリスが迷い込みます。
 アリスは元の世界に帰るために、ガノモスに会いに……
 恋のライバル出現!
 「チョコっとドラキュラ」は、ノブヒコくんの後輩が、チョコラのライバルとして登場。
 名前は阿智古絵(あちふりえ)。
 「あっちょんぶりけ」?
 ピノコを大人バージョンにしたようなキャラ……
 積極的な古絵に、ノブヒコくんとられそう!
 でも外面は良い子で本性は腹黒の古絵に、チョコラは宣戦布告!
 がんばれチョコラ!
 ノブヒコくんの血を吸って、自分の物にしちゃえ!
 って、それじゃ駄目か。
 「青いリボンと銀の髪」は、シエルはラファエルと付き合ってる! なんて噂が流れて、困ってます。
 冬休みに親友のロゼと実家に帰って、噂が沈静化するのを待とうとしますが、帰途の途中でラファエルと会っちゃうし!
 ラファエルは、騎士道精神から二人を馬車で送っていくし。
 噂は沈静化しないな、うん。
 でも、そんな心配も吹っ飛ぶような事件が故郷で起こっていたから、大変です。
 町は焼かれ、シエルのお母さんが怪しい奴にさらわれそうになってるし!
 人さらいも、人間ではなさそうで、事件に巻き込まれる感たっぷり。
 シエルの正体は、いつバレる?
 ラファエルとの仲はどうなる?
 まだつきあってないって。
 「ジャングル大帝」の40年後、現代を舞台にした「ムーン山の守護者」は、帝塚ヒロという御曹司の少年と、レオの子孫?の白いライオンとの出会いを描いています。
 過去のムーン山遠征隊として、ヒゲオヤジが1カット紹介されて、「きゃっ」と嬉しくなります。
 レオの子孫がジャングルとムーン山を守っているという設定も良いです。
 「猫の血」のリメイク「ねこのち」は、猫との暮らし方ハウツーみたいな話。
 表紙が怖いのでホラーかと思ったら、違ってた。
 猫みたいな嫁を、夫視点で見ているのは原作と一緒ですが、
 猫は甘え上手である。
 猫は飼い主を下僕か何かと思っている。
 猫は犬より強い!
 家猫の本能に期待してはいけない。
 猫はかわいい。
 これらの夫の嫁への感想は、ほぼ猫への愛と一緒です。
 で、核ミサイルが東京に落ちないのはよかった。
 「グルグルギューン」は、メルモちゃん登場!
 ネガティブなアル仙、メルモちゃんを見習って前向きになろうというお話。
 ところで、若返りのキャンデー食べたアル仙、どうやって大人に戻る?
 「和田ラヂヲの火の鳥」、宇宙船が舞台となる今回も、火の鳥は登場しませんでした。
 いつになったら火の鳥は出てくる?
 誰か「火の鳥大地篇」描いて……
 「おヒゲのオヤジ」は、新世界ルル―の世界に迷い込んだヒゲオヤジ。
 「プリンセスナイト」は、アン王女の正体に気づいた新聞記者ジョー・ブラドリーが、独占インタビューを狙います。
 元ネタの映画知っているから、アン王女はブラドリーと恋に落ちるんだけどね。 
 ヘル夫人もそうなること知ってるし。
 チンクはアン王女を守れるか!?
 で、今回のゲストキャラは、トッペイ。
 アン王女のヘアカットする美容師さんの役。
 髪を切ったアン王女、サファイアそのものです。
 
 連載読み切り含めて、毎回楽しく読んでいる『テヅコミ』ですが、次号から「Heisei七色いんこ」がスタートするそうです。
 原作のその後か、リメイクか。
 4号をまて!
↓テヅカワールドにハマれ!
 
↓4号は年1月15日発売です
 
 
 

« 三島由紀夫の戯曲『若人よ甦れ・黒蜥蜴 他一篇』 | トップページ | 横溝正史の時代劇『髑髏検校』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/67462658

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫のライフワーク『テヅコミ』VOL.3:

« 三島由紀夫の戯曲『若人よ甦れ・黒蜥蜴 他一篇』 | トップページ | 横溝正史の時代劇『髑髏検校』 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31