フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 黒手塚の問題作『アラバスター』オリジナル版発売決定! | トップページ | 舞台どろろのキャスト発表 »

2018年11月18日 (日)

やっと由利先生の活躍が読める『由利・三津木探偵小説集成』刊行決定

 横溝正史が生み出した、もう一人の探偵、由利先生。
 金田一耕助が有名だけど、横溝正史は戦前から由利先生シリーズを書いていて、こちらの方が有名だったけど、いつしか消えてしまった名探偵です。
 由利先生といったら「真珠郎」が有名だけど、他の作品は、現在品切れ。
 読みたいよー。
 どこか復刊しておくれよー。
 と、切実に願っていましたが、柏書房から『由利・三津木探偵小説集成』として、全4巻が今月から刊行されるとの情報をキャッチしました。
 丸善限定発売で角川文庫の「真珠郎」復刻本をGetしたばかりの今年、平成30年も終わりに近づいた今になっての朗報に、きゃあきゃあとうれしい悲鳴を心の中で上げました。(実際に声に出すと、不審者と思われるので、心の中だけ)
 第1巻は「真珠郎」他数編。
 Amazonの紹介ページによると、「獣人」「白蠟変化」「石膏美人」「 蜘蛛と百合」 猫と蠟人形」などの作品が収録されるそうです。
 付録として、 六人社版『真珠郎』序文ほか(江戸川乱歩、水谷準、横溝正史) 、 名作物語『真珠郎』(絵物語風ダイジェスト) なども載るそうなので、とても楽しみです。
 ところで、集成とあるからシリーズ全作品は収録されないのかしら?
 横溝ファンの方が調査作成したリストによると、中絶作品もあるそうだから、完成作のみの収録?
 とりあえず、買って読もう。
↓ネタバレしてる?表紙が目印

由利・三津木探偵小説集成1 真珠郎

« 黒手塚の問題作『アラバスター』オリジナル版発売決定! | トップページ | 舞台どろろのキャスト発表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/67386983

この記事へのトラックバック一覧です: やっと由利先生の活躍が読める『由利・三津木探偵小説集成』刊行決定:

« 黒手塚の問題作『アラバスター』オリジナル版発売決定! | トップページ | 舞台どろろのキャスト発表 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31