フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 『どろろと百鬼丸伝』第2回読んだ | トップページ | 殺人犯は誰だ――平安ミステリ『月夜彦』 »

2018年11月29日 (木)

『ミーユエ』にはまりそうです

 チャンネル銀河で放送中の『ミーユエ 王朝を照らす月』、見るのやめようと思っているのですが、やめられません。
 秦の始皇帝の高祖母?、ミーユエが主人公のこのドラマ、生まれる前から命狙われるわ、生まれてからも両親があっというまに死ぬわ、意地悪な継母や異母姉妹に虐められるわ、どうしてこんなにひどい目に合うのかと、見ていて辛いです。
 主人公が虐められるのは中国や韓国のドラマのお約束のようですが、何もここまで……と思ってしまいます。
 だけど、主役のミーユエが、持ち前の才能や性格の良さで、危機を乗り越えていくのが面白いです。
 主役のスン・リー、「宮廷の諍い女」の時とはまた違って、明るくはつらつとして、才能も性格も良くて、素敵な公主です。
 幼馴染が一途にミーユエを愛し、守ろうとする黄殿、すてきです。
 ミーユエとは結ばれないけど……
 ところで、日本語訳で登場人物の名前は、皆日本語読みですが、主人公のミーユエだけが、中国語。
 主人公の名前、漢字だと「月」ですが、他の登場人物にあわせれば、字幕で「ユエ」ではなく、「月(つき)(げつ)」と呼ぶほうが統一性あると思います。
 主人公一人だけカタカナ表記なので、そこのところが違和感あります。
 中国語わかれば、そんなこと気にならないんでしょうが、日本語以外喋れない、わからないので、我慢するしかないか。
↓中国初の女性政治家の一生

ミーユエ 王朝を照らす月 DVD-SET1

« 『どろろと百鬼丸伝』第2回読んだ | トップページ | 殺人犯は誰だ――平安ミステリ『月夜彦』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/67410698

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミーユエ』にはまりそうです:

« 『どろろと百鬼丸伝』第2回読んだ | トップページ | 殺人犯は誰だ――平安ミステリ『月夜彦』 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31