フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 初単行本化『ダスト18』 | トップページ | 今度は出るのか?手塚治虫リメイク漫画雑誌『テヅコミ』 »

2018年8月 4日 (土)

偽書?『異形再生』

 これは事実か偽物か?
 前から読みたかった『異形再生 付「絶滅動物図録」』、思い切って買って読みました。
 19世紀の医学博士、スペンサー・ブラック博士の伝記と、博士が遺した研究結果、幻想動物の解剖図が載っていますが、読んでみて博士の狂気っぷりにおののき、リアルすぎる解剖図に、この博士は本当に実在したのかも? と思うくらいです。
 博士は兄のバーナードに宛てた手紙には、博士の妻のエリーゼが、博士の手によって異形の姿になったことがほのめかされています。
 そして、博士は自分の息子であるアルフォンスに研究結果を渡しては危険であるとまで記しています。
 バーナードは行方をくらました弟を探しに旅に出ますが、バーナードもそれっきり消息不明となってしまいます。
 博士は、奥さんは、お兄さんはどうなった!?
 息子は父親以上のマッドサイエンティスト?
 答えはわからずじまい。
 博士が奇形の成り立ちをテーマに研究を突き進め、ついには人魚やドラゴン、ペガサス、ハルピュイアといった幻想動物を作り出したという、荒唐無稽な内容ですが、著者も訳者もこれが偽書とは書いてないです。
 だから、信じる信じないは、読んだ人しだい。
↓伝説の怪物を蘇えらせた禁断の書

異形再生: 付『絶滅動物図録』

 

« 初単行本化『ダスト18』 | トップページ | 今度は出るのか?手塚治虫リメイク漫画雑誌『テヅコミ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/67013572

この記事へのトラックバック一覧です: 偽書?『異形再生』:

« 初単行本化『ダスト18』 | トップページ | 今度は出るのか?手塚治虫リメイク漫画雑誌『テヅコミ』 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31