フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 日食を追って『幻宮は漠野に誘う』 | トップページ | 焼ける。溶ける。 »

2018年7月17日 (火)

王冠とキングメイカー『薔薇王の葬列』10巻

 リチャードの秘密がバッキンガムにバレちゃったよ……
 前の巻から、バッキンガムはあれこれ嗅ぎまわって、ついにリチャードの体の秘密を暴いた『薔薇王の葬列』第10巻。
 怠惰な生活とジェーンのあやしげな薬のせいでエドワード王は死に、幼い王太子が即位したイングランド。
 エリザベス王妃に前の夫を殺したのがリチャードだと知られるわ、反逆罪で王妃一族に狙われるわと、リチャードの身に危機が迫る中、バッキンガムに体の秘密を知られた!
 ハラハラしながら読みました。
 だって、バッキンガムが、リチャードのキングメイカーと言いながら、エリザベス王妃の味方してたりと、シェイクスピアの原作と史実無視してマンガオリジナル展開か?
 なんて思いましたが、バッキンガムはリチャードと「誓約」して、幼王を廃してリチャードを王にしようと暗躍。
 リチャードも覚悟決めて自分が王になると決意。
 そうでなくっちゃね。
 しかし、誓約と言いつつ、リチャードとバッキンガムが結ばれちゃうとは、誰が想像した?
 ずっとリチャードを見守ってきたケイツビー可哀想。
 リチャードに恋?したティレル、あんたリチャードがバッキンガムとくっついてホントにいいのか? とツッコミたい。
 それにしても、エリザベス王妃の一族、弟も息子たちも、なんて嫌な感じのキャラ設定。
 あまりに嫌なキャラなので、謀反の罪で捕まっても、ちっとも同情できない。
 新王と弟王子もいずれロンドン塔に投獄、暗殺されるんだろうけどねぇ……
 王妃一人だけが、まだあきらめていないけど。
 続きが待ちきれない。
↓薔薇の王冠の行方は何処

薔薇王の葬列 10 (プリンセスコミックス)

 

« 日食を追って『幻宮は漠野に誘う』 | トップページ | 焼ける。溶ける。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/66947472

この記事へのトラックバック一覧です: 王冠とキングメイカー『薔薇王の葬列』10巻:

« 日食を追って『幻宮は漠野に誘う』 | トップページ | 焼ける。溶ける。 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31