フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 西日本豪雨で被災された方々にお見舞いとお悔みを申し上げます | トップページ | 甘い毒の味は……『人魚ノ肉』 »

2018年7月13日 (金)

醜聞の解決×007誕生『憂国のモリアーティ』6巻

 大英帝国の醜聞が解決する『憂国のモリアーティ』第6巻。
 今回ウィリアムの出番は少なめで、シャーロックが大活躍。
 シャーロックが政府に命を狙われるアイリーンを助けるため、体も頭も使います。
 部屋を爆破したり、犯罪卿と対峙したり、いつもより働いてる(笑)。
 もちろんウィリアムも暗躍してますけど。
 それにしても、アイリーンが盗んだ問題の文書が、まさかフランス革命に関係していたとは……話でかすぎ。
 ロベスピエールが、英国の工作員で、大英帝国がフランス革命を操っていた。
 で、ロベスピエールの本名が、シェリフンフォード・ホームズ。
 マイクロフトとシャーロックのご先祖!
 そういう設定にしちゃうなんて、コナン・ドイルもびっくり。
 そして、ウィリアムとアルバートがマイクロフトと取り引きして、アイリーンは助けてもらうけど、それが世界一有名なMI6のスパイ、ジェームズ・ボンドの誕生に繋がるなんて!
 そりゃ、アイリーン男装似合うけどねぇ。
 アイリーンがウィリアムたちの仲間になるんだろーな、と予想はしてましたが、予想の斜め上を行く展開に、思わず叫び出しそうになりました。
 最後にシャーロック、ボヘミア王がアイリーンの男装だと気づいた?
 気づいたみたいね。
 予告によると、次巻は切り裂きジャックが登場するらしいですが、彼はウィリアムの敵か味方か?
↓企みは仮面舞踏会で

憂国のモリアーティ 6 (ジャンプコミックス)

« 西日本豪雨で被災された方々にお見舞いとお悔みを申し上げます | トップページ | 甘い毒の味は……『人魚ノ肉』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/66929586

この記事へのトラックバック一覧です: 醜聞の解決×007誕生『憂国のモリアーティ』6巻:

« 西日本豪雨で被災された方々にお見舞いとお悔みを申し上げます | トップページ | 甘い毒の味は……『人魚ノ肉』 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30