フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« プラトンの『饗宴』光文社古典新訳文庫で読んでみた | トップページ | 当時の人が書いた戦争の記録『応仁記』 »

2017年11月25日 (土)

これで見納め『精霊の守り人』最終章

 今日の9時から『精霊の守り人』最終章がいよいよ放送。
 バルサとチャグムの戦いも、クライマックス。
 公式本によると、今回はますますシリアスなお話になるそうで、原作が児童文学とは思えないです。
 アクションやセット、VFXも前作よりスケールアップした本作、楽しみです。
 
 聖導師役が平幹二郎から加賀丈史にバトンタッチされるけど、公式本読んだ限りでは、俳優が変わったことによる違和感は感じられません。
 視聴者が戸惑わないようにと、台本に忠実に演じた加賀さんの役者魂!溢れるコメントが印象的でした。
 
↓見どころは、全部

NHK 大河ファンタジー 精霊の守り人 最終章 完全ドラマガイド (エンターブレインムック)

« プラトンの『饗宴』光文社古典新訳文庫で読んでみた | トップページ | 当時の人が書いた戦争の記録『応仁記』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これで見納め『精霊の守り人』最終章:

« プラトンの『饗宴』光文社古典新訳文庫で読んでみた | トップページ | 当時の人が書いた戦争の記録『応仁記』 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30