フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 世界で一番短い物語 ペルソナ・ノン・グラータ | トップページ | 世界で一番短い物語 うそつき »

2017年7月18日 (火)

ジョン騙された……『シャーロック4』臥せる探偵

 今回の話は一言で言うと、ジョンと仲直りするためにシャーロックが体を張って仕組んだ嘘。
 メアリの死で絶好状態になったシャーロックとジョン。
 『シャーロック4』臥せる探偵は、そんな二人がどうやって仲直りするかが見どころなんだけど、最初からかなりいかれた感じです。
 シャーロックはヤク中で、ジョンはメアリの死から立ち直れず、幽霊?まで見ちゃいます。
 二人を仲直りさせるために、ハドソンさんは真っ赤なスポーツカーをぶっ飛ばし、トランクにシャーロック入れて、ジョンの所に届ける行動力の高さに、歴代最強のハドソンさんだと思ったのは、私だけではないはず。
 このドラマでは、ハドソンさんの死んだ夫は麻薬ディーラーで、ロンドンに不動産持っているという設定。
 だからヤク中の扱いに慣れているんだー。
 と、思わず感心。
 で、取りあえず事件を解決するために二人は行動を共にするんですが、シリアル・キラーのスミス、こいつもいかれた野郎でした。
 シャーロックはスミスの犯罪を暴くために、わざとスミスの息がかかった病院に入院して、自分を殺させようとして、メアリの最後のメッセージを見たジョンが駆けつけて無事事件は解決――したのはよかったんだけど、それもこれもメアリのメッセージに従ってシャーロックが最初から仕組んだこと。
 種明かしされた時、なんだがジョンが可哀想になりました。
 そして、ラスト。
 ジョンのセラピストが、実はジョンの浮気相手だった!?
 シャーロックの依頼人のスミスの娘も、このセラピスト!?
 シャーロックの隠された姉妹!?
 ベアリング=グールドの説では、ホームズ兄弟は、シェリンフォード、マイクロフト、シャーロックの三人だということになっています。
↓参考文献はこちら
 原作では、マイクロフト以外の兄弟は登場していないので、ドラマはベアリング=グールドの説をとったのかも。
 で、ジョンは撃たれて?今回はおしまい。
 ジョンはどうなる?
 シャーロックはジョンを救えるのか?
 次回で最終回だけど、ちゃんと話はまとまるのかしら。
 

« 世界で一番短い物語 ペルソナ・ノン・グラータ | トップページ | 世界で一番短い物語 うそつき »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン騙された……『シャーロック4』臥せる探偵:

« 世界で一番短い物語 ペルソナ・ノン・グラータ | トップページ | 世界で一番短い物語 うそつき »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30