フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

マイ・テーマソング

« 福島県三島町行ってみたーい | トップページ | どっどどどどうど どどうど どどう『宮沢賢治のオノマトペ集』 »

2017年3月11日 (土)

想像力の欠如した人へ

今年も3月11日がやってきました。
近頃は福島県出身の方への心ない仕打ちをニュースで聞くようになって、腹立たしい限りです。
大人だけではなく、子供まで嫌味を言ったり、お金をたかったり、挙句の果てに暴力をふるったりと、呆れ果てた行為をする人がいるとは、情けない限りです。
6年前の震災の日から、絆とか助け合いの精神を声高に叫んでおきながら、この仕打ちは何?
自分が、家族が、親戚が、友達がふるさとを追われ、見知らぬ土地で暮らすことになったら、どんな思いがするのか、想像することができたら、避難してきた人たちを差別したりできないはず。
今現在頑張っている人に対してひどすぎます。
せめて今日から想像力を働かせて、不当な差別をすることはやめてほしい。
原発事故から逃げてきたという理由でいじめられる子がいるというニュースを視るのは、不愉快ですから。
最後になりましたが、亡くなられた方々の御霊に哀悼の意を。

« 福島県三島町行ってみたーい | トップページ | どっどどどどうど どどうど どどう『宮沢賢治のオノマトペ集』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ニュースで報じられている事を聞くと、いきなり災難に見舞われて全てを失った人にする仕打ちではない、と憤りを感じます。差別やいじめをする連中に言ってやりたい事がたくさんありすぎて書ききれません。が、一言で集約するなら「頭ワルい」物事に対する理解や知識が不足しているクセに自分が上にいる、何を言ってもかまわない、やってもかまわないととんでもない勘違いをしている。福島だけではなく私の住む岩手でも放射能汚染の被害がありました。陸前高田市の高田松原の松の木を使って何かしようとあった時、別の地方から「放射能が…」と反対する声があり、それを聞いて「あるワケないだろ!放射能は降ったがこっちは生きてる!何も起きてない!」と思いました。私の周りでそういったワケのわからない事に対する差別がない事は幸いではあります。除染や津波被害の復旧も進んでいます。エミシの民はたくましく平等なのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543034/64975027

この記事へのトラックバック一覧です: 想像力の欠如した人へ:

« 福島県三島町行ってみたーい | トップページ | どっどどどどうど どどうど どどう『宮沢賢治のオノマトペ集』 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31