フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 先帝の落としだね出現?『紅霞後宮物語』第二幕 | トップページ | 贋作とりかへばや登場人物紹介 »

2016年12月 1日 (木)

贋作とりかえばや はじめに

  こよひ我があふてふ夢を見つるかな とりかへばやなつらき現に
   読み人藤原実家


 男装の姫君と女装の若君を扱った物語、『とりかへばや』。
 かつて『とりかへばや』は、二つありました。
 原作である本(以下古本と称す)と、改作本(以下今本と称す)の二つです。
 古本は既に散逸して、現在私たちが読めるのは今本だけです。
 古本の内容を知るには、『無名草子』による批評と、『風葉和歌集』『物語二百番歌合』(後百番歌合)に収録された歌と詞書だけで推測するしかありません。
 古本と今本は異装の設定は同じですが、登場人物や物語の展開が大きく違っていたようです。
 あれこれ想像してみた古本の内容を、物語として書いてみたのが『贋作とりかへばや』です。
 完璧な復元とはいきませんでしたが、今本との違いを楽しんでいただけたらと思います。
 本復元小説で詠まれる歌は、全て『風葉和歌集』『物語二百番歌合』(後百番歌合)に収録された歌です。
 今本で詠まれた歌は、物語の展開上、古本でも詠まれたと推定できるもののみ採り、会話・手紙文として訳しました。
 主な参考文献は、以下のとおりです。

主な参考文献
*今本
『新日本古典文学大系 堤中納言物語 とりかへばや物語』
校注 大槻修・今井源衛・森下純昭・辛島正雄 岩波書店
『新編日本古典文学全集39 住吉物語 とりかへばや物語』
校注・訳者 三角洋一・石埜敬子 小学館
『中世王朝物語全集12 とりかへばや』
校訂・訳者 友久武文・西本寮子 笠間書院
*無名草子
『新潮日本古典集成 無名草子』
校注 桑原博史 新潮社
『新編日本古典文学全集40 松浦宮物語 無名草子』
校注・訳者 樋口芳麻呂・久保木哲夫 小学館
*物語二百番歌合
『王朝物語集歌選(上)』所収
校注 樋口芳麻呂 岩波書店
*風葉和歌集
『王朝物語集歌選(上下)』所収
校注 樋口芳麻呂 岩波書店
*今本とりかへばやの登場人物に関する事典
『平安末期物語人物事典』所収とりかへばや物語の系図・人物解説
編 鈴木弘道 和泉書院
主な参考論文
とりかへばや物語「吉野の宮」の再検討――特にその準拠について――
鈴木弘道 『源氏物語及び以後の物語 研究と資料』所収 武蔵野書院
物語史への一視覚――『(古)とりかへばや』『在明の別』と『今とりかへばや』――
神田龍身 「文学・語学」101 1984年4月
『今とりかへばや』成立試論――女春宮設定の史的背景と女一の宮の役割――
西本寮子 「国語と国文学」昭和62年8月号
『今とりかへばや』に描かれた政治的側面
西本寮子 『源氏物語の内と外』所収 風間書房
『とりかへばや、男と女』
河合隼雄 新潮選書 新潮社
『恋する物語のホモセクシュアリティ 宮廷社会と権力』第八章『住吉物語』と『とりかへばや』
木村朗子 青土社
頼道の時代と物語文学――『とりかへばや』から考える
西本寮子 『考えるシリーズ4 源氏以後の物語を考える――継承の構図』所収 武蔵野書院
『「風葉和歌集」の構造に関する研究』
米田明美 笠間書院
『中世王朝物語・御伽草子事典』
編 神田龍身・西沢正史 勉誠出版
インスピレーションを受けた作品
*古典
『源氏物語』『狭衣物語』
新潮古典集成 新潮社
『全対訳 日本古典新書 有明けの別れ ――ある男装の姫君の物語――』
訳注 大槻修 創英社
『1あきぎり 浅芽が露』『2海人の苅藻』『6木幡の時雨』『7苔の衣』『8恋路ゆかしき大将 山路の露』『10しのびね しら露』『15風に紅葉 むぐら』『19夜寝覚物語』『20我が身にたどる姫君上』『21我が身にたどる姫君下』
中世王朝物語全集 笠間書院
『室町時代の少女革命 「新蔵人」絵巻の世界』
監修 阿部泰郎  編集 江口啓子・鹿谷裕子・玉田沙織 笠間書院
『新編日本古典文学全集 栄花物語』全三巻
校注・訳者 山中裕・秋山虔・池田尚隆・福長進 小学館 
*小説
『ざ・ちぇんじ!』
氷室冴子 コバルト文庫 集英社
*漫画
『ざ・ちぇんじ!』
原作氷室冴子・作画山内直実 白泉社文庫 白泉社
『とりかえ・ばや』1~10巻
さいとうちほ 小学館フラワーコミックス 小学館
 

« 先帝の落としだね出現?『紅霞後宮物語』第二幕 | トップページ | 贋作とりかへばや登場人物紹介 »

古典散逸物語復元小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 贋作とりかえばや はじめに:

« 先帝の落としだね出現?『紅霞後宮物語』第二幕 | トップページ | 贋作とりかへばや登場人物紹介 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29