フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 今年もはや | トップページ | ついにWindows10にアップグレード!! »

2016年1月22日 (金)

なつかしー! くまのパディントン

映画『パディントン』が公開されて、テレビCMで動くパディントンの姿が映ってますね。

でも、子供のころ読んだ童話の挿絵やぬいぐるみの可愛さに慣れてる私としましては、実写映画のパディントンは、ちょっとリアルすぎ。

どこをどう見ても本物の熊だ!

CGなのはわかってるんですけど、リアルすぎて、違和感が……

でもかわいい。

違和感と可愛さの相反する感情に、映画見に行こうかどうしようかと迷ってます。

まずは原作読み直してみますか。

やることなすこと裏目に出て、ちょっとドジだけど、憎めないパディントン。

昔原作読んだとき、パディントンと一緒に暮らせるブラウンさん一家がめちゃくちゃうらやましかったです。

本物の熊とは危険すぎて暮らせないけど、ぬいぐるみだったら一緒に暮らせる。

どこかでパディントンのぬいぐるみでも買おうかな。

↓暗黒のペルーから来たくまのおはなし

« 今年もはや | トップページ | ついにWindows10にアップグレード!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

確かにリアルすぎなのは、えーっ、とかなりますね。昔スーパーマリオの実写版の映画がありましたが、ヨッシーがちっさいティラノサウルスっぽくて可愛かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なつかしー! くまのパディントン:

« 今年もはや | トップページ | ついにWindows10にアップグレード!! »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30