フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 「リボンの騎士」なかよしオリジナル版1巻予約開始 | トップページ | 提案! 大河ドラマは金田一シリーズをやってほしい »

2015年7月25日 (土)

『ターミネーター:新起動ジェニシス』観てきました……

※ネタバレ感想(グチ)注意!

賛否両論の『ターミネーター:新起動ジェニシス』、観ました。

スタッフのT1とT2LOVEがひしひしと伝わってきました。

途中までは、私も楽しかったです。

そう、途中までは素直に面白いと感じましたが、後半は、突っ込みどころが満載で……

まず言いたいのは、

カイル・リース=マイケル・ビーン

の方程式が確定している私は、ジェイ・コートーニーは、カイルに見えないです。(子役カイルは文句なしに可愛かった)

T4のアントン・イェルトンのほうが、まだカイルらしかった。

カイルのモノローグで始まる今作は、人類抵抗軍がスカイネットを倒すものの、タイムマシンでT-800型ターミネーターが送られるシーンが初めて映像化されました。

T-800モデル101型が起動のシーンは、顔は映ってないけど、「おお、ターミネーターだ!」と、ちょっと感動してしまいました。

で、ジョンの母サラ抹殺を阻止するために、カイルが志願、ジョンがT1でのメッセージ「必ず生き延びて私を生んでください。運命などない」をカイルに伝える。

そして、タイムスリップ。

ところが、ジョンが何者かに襲われ、カイル自身も「ジェニシスがスカイネット」という謎のメッセージを聞いて、単なるリメイクじゃないな的な予感が。

それにしても、T-800とカイルが1984年にタイムスリップするとこ、T1と同じ!

パンフみたら、T1の流用ではなく、撮影しなおしたということですが、ここまでコピーする必があったのか……

で、T-800はサラが「オジサン」と呼ぶターミネーター(今回役名はガーディアン)と、戦士に成長したサラがさっさと片付けちゃう。

サラ役のエミリア・クラーク、可愛いんだけど、戦士として育てられたわりに、筋肉ないから、重火器類を持ってても、戦士らしく見えない。

リンダ・ハミルトン見習え!

と言いたい。

一方カイルは、警官に年月日聞いてたら、そいつが液体金属ターミネーターT-1000で、襲われ、逃げ惑ってる中、サラに助けてもらう、と。

か弱い女の子のはずが、ワイルドなサラに、聞いてた話と全然違う状況にあたふたしているカイルが可哀想なのと面白い。

助ける気満々で未来から来たからねぇ。

だけど、T2ではあんなに苦労してやっつけたのに、今回はあらかじめ知っていて準備してたとはいえ、強力な酸?でT-1000破壊。

Tー1000の出番はこれで終わり。

イ・ビョンホンにわざわざ出てもらう意味あったの?

それと、タイムマシンを1984年で作っちゃうなんて!

2017年にタイムスリップして、審判の日を止めるという設定は、テレビドラマ版のマネ?

2029年のジョンまで2017年にやってきちゃうのが、なんなんだろう。

ダイソン(息子)も、サイバーダイン社でスカイネット作りしてるし。

T2での自己犠牲の感動が……

T1とT2のタイムラインぶっこわして、新しいストーリーを目指しているのはわかるんだけど。

で、一番驚いたのは、人類の救世主であるジョンが、T-3000なる新型ターミネーターに襲われ、ターミネーター化しちゃうのが、叫びだしたいくらい驚きです。

ナノマシンで細胞を侵食されたジョンは、ジョンの記憶をもったターミネーターになり、スカイネットを生み出すためのシステム作りに協力。

人類の救世主が、破壊者になってしまう。

うーん……

みんなが必死になってジョンを守ろうとしてたのに……

結局、ガーディアンが磁場装置でジョンを抹殺。

ボロボロのガーディアンは、液体金属のプールに沈む……

生き残ったカイルとサラの間に、やっといい雰囲気に、と思ったら、復活したガーディアンが

助けにきた。

え?

壊れたまんまじゃないの?

しかも、アップグレード?

あーそういえば、T-1000が壊れたT-800に自分の体の一部を渡して修復してたシーンがあった。

液体金属に触れると、旧型は壊れても修復できるという伏線があったわけでした。

シリーズ通して、シュワ型ターミネーターがぶっ壊れないで復活しちゃうのは、今作が初めて。

しかも、エンドロールのと途中で、破壊されたサイバーダイン社に、磁場装置が稼働、T-3000の砂鉄みたいな体が見えて……

これはもう続編作る気ですね。

まあ、ガーディアンを送ったのは誰か、という謎は残ってるし。

私は、未来のサラかカイルだと思います。

これだけ歴史改変してると、審判の日が起こって、人類軍を指揮するのは、サラとカイルになるんじゃないかしら。

三人とも、1984年に戻らず、というか、戻れないから、2017年に残ってるし、ジョンはこの後生まれるとしても、2029年の時点では子供だから、指揮するのは無理。

ジョン・コナーではなく、カイル・リースもしくはサラ・コナーが人類の救世主となる未来が待っているのでは?

結論。

続編作る気なら、次で終わらせてほしいです。

3部作なんてやめて!

« 「リボンの騎士」なかよしオリジナル版1巻予約開始 | トップページ | 提案! 大河ドラマは金田一シリーズをやってほしい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ターミネーター:新起動ジェニシス』観てきました……:

« 「リボンの騎士」なかよしオリジナル版1巻予約開始 | トップページ | 提案! 大河ドラマは金田一シリーズをやってほしい »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30