フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« メリー・クリスマス! | トップページ | あけましておめでとうございます »

2012年12月31日 (月)

ヒドイ扱いの『平清盛』総集編

大河史上視聴率最低の記録更新のまま最終回を迎えた『平清盛』。

世間では散々な言われ方してますが、出家後の清盛は、清盛らしくて良かったと思います。

ただ、話のつながりがとびとびで、わかりにくいといいますか、面白くなかったです。

役者それぞれの演技とかは、私的にはOKでしたので、面白くなかった原因は、もう脚本のせい?

今までの大河ドラマでは、役者の演技が下手だとか、ヒドイとかいう文句はありましたが、役者の演技に不満はないのに、最後まで面白くなかったのは、始めてです。

あんまり視聴率低かったせいか、昨日の総集編の編集も、一年間観てなかったら、内容が絶対わからないまとめ方でした。

一年間のまとめが、こんなのでは、松山ケンイチを始め、出演者の方々が、ホントに可哀想です。

来年の『八重の桜』はどうなるかしら。

新島八重のこと、ほとんど知らないので、一応観てみようかとも思いますが、今度も面白くなかったら、どうしよう。

« メリー・クリスマス! | トップページ | あけましておめでとうございます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そうですかねー。本編はともかく、僕は総集編は十分分かりやすく編集していたと思いますけど。ナレーションも変えてたし。むしろあれ以上何をどうすれば分かるようになるとお考えなのか…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒドイ扱いの『平清盛』総集編:

« メリー・クリスマス! | トップページ | あけましておめでとうございます »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30