フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 大団円の『メルモちゃん』感想 | トップページ | もう出た『王女の男』公式本 »

2012年8月 6日 (月)

またまた「待て!」の状態!? ドラマ『シャーロック2』感想

一年間のながーい

待て!

の状態で、シーズン2を待っていたのは、私だけではないでしょう。

現代版ホームズのドラマ『シャーロック2』の第1話は、前回の「危うしシャーロック!」の続きから始まり、モリアーティの携帯に何者からか電話がかかってきたことで、シャーロックとジョンの命はなんとか助かります。

シーズン1では、シャーロックが銃口を向けたシーンで終わったのですが、この撮影は、シーズン2の撮影前に、ちゃんと撮ってあったんだなーと思います。

で、「あの女」がいわゆる「女王様」として登場。

原作では歌手だったのに、ドラマではSMの女王様で、英国王室の王族女性とのスキャンダラスな写真をとってたり、秘密文書を持っていて、マイクロフトやCIA?からも狙われてる。

けっこう過激(でもNHKで放送できる程度)な設定で、スリリングな第1話でした。

第2話は、『バスカビィルの犬』。

遺伝子操作された犬が出てくるのかと思いきや、じつは人の精神に作用するウィルスが犬の正体。

そして、第3話では、『最後の事件』が元ネタ。

シャーロックはさらに危機的な状況に。

でも、この終わり方は、シーズン1と同じく、「次回に続く」的です。

シーズン3も製作決定とのことだから、また来年まで、ながーい待て状態が続くと思うと、ああ……

面白いだけに、1年間の「待て」状態がとってもつらいです。

↓ハリウッドでのリメイクも決定したとか。でも、オリジナルをまず見直そう

« 大団円の『メルモちゃん』感想 | トップページ | もう出た『王女の男』公式本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた「待て!」の状態!? ドラマ『シャーロック2』感想:

« 大団円の『メルモちゃん』感想 | トップページ | もう出た『王女の男』公式本 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30