フォト
無料ブログはココログ

鉱石パワーストーン本

観てから読む?読んでから観る?映画ドラマ本

映像化してほしい本

手塚治虫本

« 夏は執筆にはむかない | トップページ | 『火の鳥オリジナル復刻大全集』第3弾ヤマト編・宇宙編読了 »

2011年8月28日 (日)

ドラマ『シャーロック』おもしろかったよ

BSプレミアムで3日連続放送されたテレビドラマ『シャーロック』。

あのシャーロック・ホームズが21世紀の現代にいたらという設定。

どうなることかと思いつつ、たいして期待せずに観たら、意外と面白いです。

連続自殺についての警察の記者会見場で、自殺じゃない、殺人だと知らせるメールをレストレード警部や記者たちに送りつけたるところから、現代風。

ワトソンが事件の記録をブログで発表するのも、現代ならでは。

ホームズとワトソンが、「ジョン」「シャーロック」とお互いをファースト・ネームで呼び合うのも私のツボにハマりました。

マイクロフトが登場するシーンも、原作と違い、ドラマでは何者かわからず、ワトソン同様、ホントに犯罪組織のボスだと思ってました。

スピーディな推理にも、グイグイ引き込まれます。

ただ。

ホームズの変人度が、現代だと目立つ目立つ……

原作では、警察から敬意をはらわれていたホームズだけど、ドラマでは、超がつくほどの変人ぶりに、敬遠されてます。

確かに、同僚と不倫していたことを指摘されたら、嫌だよねぇ……

いくら捜査のためとはいえ、死体に乗馬鞭を滅多打ちするのも、生首を自宅の冷蔵庫に保存するのも、変人じゃなきゃできない。

冷蔵庫に生首入っているのを見て、同居を解消しなかったワトソンは、すでにホームズに毒されています。

部屋の壁を銃で穴だらけにしても、ホームズを追い出さなかったハドソンさんも、心の広い(?)大家さんです。

あと、いくら同じ部屋で同居しているとはいえ、ホームズとワトソンがゲイと間違われることが多い。(本人たちは否定してます)

モリアーティが正体隠してホームズの前に現れた時、ワザとゲイを演じたエピソードも、別にゲイじゃなくてもいいんじゃない? と思いました。

ホントにモリアーティがホームズのこと好きなら、それはそれでオイシイ設定だけど。

3回で終わったのが、残念です。

↓早く続き観たいな。

ところで、今回のドラマの元ネタ原作は、第1回の「ピンク色の研究」が「緋色の研究」なのは、タイトルからすぐわかりました。

第2回の「死を呼ぶ暗号」は、犯罪組織の暗号を解くエピソードなので、「恐怖の谷」かな?
シャーロキアンのブログをのぞいてみると、『シャーロック・ホームズの帰還』に収録されている「踊る人形」と、『シャーロック・ホームズの冒険』収録の「オレンジの種五つ」が元ネタとのご意見もあります。

第3回「大いなるゲーム」は、私は思い出せなかったですが、インターネットで検索すると、『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』収録「ブルースパーディントン設計書」と、『シャーロック・ホームズの回想』収録の「海軍条約文書事件」が元ネタだそうです。

↓原作も読み直したくなりました

シャーロック・ホームズ原作本

« 夏は執筆にはむかない | トップページ | 『火の鳥オリジナル復刻大全集』第3弾ヤマト編・宇宙編読了 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『シャーロック』おもしろかったよ:

« 夏は執筆にはむかない | トップページ | 『火の鳥オリジナル復刻大全集』第3弾ヤマト編・宇宙編読了 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30